11.03.2016 23:33 - in: セリエA S

    ディバラ「大きな」勝利を歓迎

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスは暫定で首位としてナポリに6点差をつけるセリエAホーム11連勝を達成し、決勝点を奪ったパウロ・ディバラは振り返ります

    30分過ぎの1タッチと左足でパウロ・ディバラは、ユベントスの1-0で勝利したサッスオーロ戦で決勝点を挙げ、5連続スクデット達成へホームでの11連勝を記録した。

    たとえ今シーズン何が起こっても、決定的な今シーズンのリーグ14点目をディバラは味わい、パレルモでの昨年の13ゴールを上回りました。

    試合後メディアにタイトル・レース全ての潜在的重要性に、今夜の努力がキャリア史上最高のゴールになるという事はないと指摘しディバラは話しました。

    「私は実はより良いゴールを挙げてたし、パレルモでも今夜の様なゴールを数回挙げたことがあります。
    私は美しくそれを捕え、この試合で決めたシュートを誇りに思います。」

    熱く争われた戦いで、輝くディバラの瞬間は本当に最終的に2チームを切り離した全てでした。ディバラのために90分の競争的なクオリティの称賛は粘り強くしっかり戦ったサッスオーロに送られなければいけません。19試合のリーグ戦でユベントスを最後に破ったチームとして立ちはだかりました。

    「サッスオーロが現在どれくらい良いチームか、誰もが正当に示しています。彼らには優れた監督がいて非常に良いフットボールをします。
    我々は後半落ちて押し込まれたが大きな勝ち点3を持ちこたえました。」

    要約すると、今夜のパフォーマンスは、9試合を残し暫定でセリエA首位として勝ち点6点差をつけたが、シーズン初期の対戦と同じ様にファイティングスピリットと守備の固さがありました。

    「10月のレッジョエミリアでのサッスオーロ戦敗戦後、誰も私達がタイトルを争う可能性があると思いませんでした。
    誰もが私達を無価値とみなしましたが、今私達はここにいます。今週末の残りの試合で起こることを静観しなければなりませんがまだトップです。カップ戦決勝戦とすぐそこのバイエルン・ミュンヘンとの大きな挑戦へ向かいます。」

    前へ、もっと高く。ディバラとチームのために。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK