24.01.2016 23:55 - in: セリエA S

      ディバラは、タイトルへの視線を保ちます

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      日曜夜の決勝ゴールを奪ったパウロ・ディバラは、究極の目的は今シーズンビアンコネリが5連続セリエAタイトルを決めるに貢献する事だと認めます

      77分のディバラのゴールでユベントスはローマに勝利し勝ち点3を奪ったが、これは今シーズン、パウロ・ディバラ決勝点を奪った試合と少しも異なりません。

      しかし、ディバラはより大きい目的へ集中したがっており、シーズンの究極の目的はタイトルを得ることで、栄冠はが5月にやって来ると認めました。

      ユベントス・スタジアムでメディアにディバラは話しました。「私のゴールは、このチームが5連続スクデット獲得へ貢献します。常に特定の賛辞を聴くのは満足ですが、まだ多くのプレーしなければいけない試合があり、私達はまだ何も達成していません。言えるのは、私は今確実にフットボールを楽しんでいます。」

      ルチアーノ・スパレッティ監督のローマ戦勝利を分析しディバラはコメントしました。「彼らは守りカウンターで私達に挑みました。しかし、私達は今夜何もさせませんでしたし最終的に私達が勝ち点を奪いました。」

      今シーズンのセリエA得点王争いを尋ねられ、同郷のゴンサロ・イグアインと比較されディバラは、率直なふりをし生来の情熱が前方へ試合のトップを多く生み出した国の成功の原因かもしれないと説明した。

      「子供の時は、誰もがアルゼンチンのために最高のストライカーになりたがります。10才は、次のリオネル・メッシになることを夢見ています。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK