03.11.2016 18:30 - in: セリエA S

    エヴラ「シーズンは、短距離走ではなくマラソンです」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「私は、いつも自分達の後ろにいるファンに次の夏に判断するように尋ねます。最後に私達は共に祝うでしょう」

    水曜日夜のチャンピオンズ・リーグ、ホームでのリヨン戦を引き分けから落ち着き、しばしば誘惑的なことがあるかもしれないことを考え、待ち受けている対戦とシーズンの終わりの目標を現実にするチャンスへ、ビアンコネリは既に前を向いています。

    イングランドとイタリアで多くのタイトルを獲得した35歳、フランス人フルバック、パトリス・エヴラは、ユベントス・ファンが現在のシーズン終了後にトロフィーを喜ぶことを確信していなければいけないとSky Sportとの今日のインタビューで説明しました。


    ヨーロッパでの狙いはそのまま

    「私達全員が、チャンピオンズ・リーグ、ノックアウトステージへの資格を得たいと思っています。昨日の引き分けは欲しかった結果ではありません。しかし最も重要なのは、私達がグループ勝者としてベスト16進出をする事ができるということです。

    この大会で優れているチームだと示すためにセビージャとディナモ・ザグレブに勝利する必要があります。一度に1試合づつ戦います。私は自分たちがグループ突破できると確信しています。」


    重要な勝利

    「ユベントスでは勝利が最も重要なものです。私達はセリエAにおいてでも常に3-0で勝利する事はできません。それがイタリアのリーグへの関心不足を示す事になっています。私は、イングランドとフランスで以前プレーしてきましたが、セリエAが非常に厳しいリーグであると主張します。

    チャンピオンズ・リーグを獲得しようとしている間も私達の目標はリーグ・タイトル獲得です。私は落ち着いて良い状態ですし、必要なものを持っています。」


    シーズンは、短距離走ではなくマラソン

    「多くの新加入選手が今年ありました。まだシーズンが始まり3ヶ月です。ユベントスでこのユニフォームを着る時、必要とされることは、予想よりも慣れるのに多くの時間を必要とします。

    マンチェスター・ユナイテッド時代からプレッシャーがかかるという事がどういう事か加入してから理解しています。私もここで馴染むのに僅かな時間がかかりました。マックス(・アッレグリ監督)が昨日言ったように、タイトルはシーズンの現段階で決まりません。それに同意し、より非常に良いプレーをする事ができます。勝利の後でも私達は、熱心に次のプランへトレーニングに取り組みます。我々は、進歩したいです。

    「ちょうど3ヵ月で本当に強いチームは出来ません。いつも自分達の後ろにいるファンに次の夏に判断するように尋ねます。最後に私達は共に祝うでしょう。」


    現状に集中

    「私が一度自分のキャリアを終えたら休むと常に監督に話しました。自分は十分よい感じであるので、明確に全ての試合でプレーしたいです。しかし私はバカではありませんし、特定の年齢でパフォーマンスの量よりクオリティに集中する必要があるということを、理解しています。

    ゴールキーパーとしてプレーするとしても、ピッチの上に居たいという願望があるが、チームのジジのポジションを取りたくはありません!

    ホームに戻る時、私は勝利してきた過去を見ません、将来に集中し、毎日、自分自身に自分がこのユニフォームを着るのに必要なものをもっていると証明します。

    私は笑いとジョークをInstagramで言いたいです、深刻な時に唯一のオプションは本気で取り掛かる事で、一生懸命機能することになっています。これは、人生における私の哲学です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK