05.12.2016 20:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      エヴラ「常にハングリーに」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      パトリス・エヴラは、記憶に残るシーズンの進行とユベントスの全選手の決意を強調し、水曜日のチャンピオンズ・リーグ、ディナモ・ザグレブ戦から始めた

      マラッシから進んで

      「ジェノアに負けた後の週、正しく無い状況が何か常に話をしてきました。このユニフォームを着るということは大きな責任を伴うという事実に私達は気が付いています。マラッシでの負けは1度だけですし、私達は他の日にこうなるとは思いません、特に私達の今シーズンのチーム・スピリットから、最も起こった事です。ユベントスで試合に負ける事はあり得ますが、姿勢を間違える事はできません。アタランタ戦で示したように再び大きなファミリーであることに戻りました。」


      6はマジックナンバー

      「6連続スクデットは最も重要で歴史に残ります。今日、明日でリーグ・タイトルは決まりません。シーズン終わりにスタジアムとトリノの町の全てのファンと祝うのが私の狙いだと、常にシーズン始まりから言っています。

      一度にそれぞれの試合を戦っている今、既にチャンピオンに成ったと考え始める事は出来ません。昨年セリエAとチャンピオンズ・リーグの資格をを得る事さえ厳しいと理解し多くの考えで行動が遅かったが、最終的にタイトルを手にしました。しかし、私達は、他のチームがそうならないように注意する必要があります。」


      ディナモへのリスペクト

      「全てのチャンピオンズ・リーグでの戦いは最高のリスペクトを示してプレーします、本当に非常に重要な戦いです。次のラウンドへ通過が決まっていても正しいアプローチで戦う事が重要です。アタランタ戦の様にファンの前で再び勝つ為に、水曜日のディナモ・ザグレブと対戦する必要があります。

      何時も言ってますが、チャンピオンズ・リーグで間違えれば、失点するリスクとなります。試合はオープンですし細かい所で酷く多くの価値があります。最後の数秒で勝つ事も出来ますし、最終的にこの戦いは不思議な事が起きます。」


      ビアンコネロを定める何か

      「私達はハードワークし、毎日深く動き、このクラブの大きな歴史に対し敬意を示します。選手がユベントスに加入しそれを直ぐに感じるでしょう、ここではベストを出す必要があります。私とチームメイトは昨年リーグ優勝をしたが、まだ何も達成していなかったかの様にハードワークします。より多くにハングリーです。」


      「私は、この試合が好きです」

      「私は、常にこの試合が好きです!ただの表現ではなく、人生に置ける積極性のシンボルとしてます。負けそうな時、悲しいとき、「この試合が好きです」と言います。特に人生で試合に負けるより重要な事があり、常にポジティブでいる必要があります。勝者の様な気がします。負けるのはいやです。しかし「私はこの試合が好きです」とはどんな状況でもモットーです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK