06.12.2016 10:20 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      5つから…1つの目標へ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリはディナモ・ザグレブ戦でグループHの戦いを終えます。Juventus.comは、ベスト16までの道のりと、鍵となるエピソードを振り返ります
      1. ザグレブでの前半のショー

      ユベントス・スタジアムでセビージャとスコアレスドローの後、ビアンコネリは9月下旬にクロアチアで今シーズングループHで最初のヨーロッパの勝利と、ベスト16進出へ決定的な第一歩を踏み出しました。

      スタディオン・マクシミールで良い試合を始め、ホーム観客を沈黙させる必要がありました。最初の印象的なUCLアウェイ3勝を正確にマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが達成でき、前半の2ゴールで試合を決めた。

      この2つのゴールに、ミラレム・ピアニッチが貢献。ピアニッチは、ディフェンスのミスを拾いレオナルド・ボヌッチのゴールをアシストし、ゴンサロ・イグアインのボレーでのゴールへもアシストを送った。

      しかしこの夜最高の得点は、まだです…

      2. スタートを切るディバラ

      パウロ・ディバラは、単純にザグレブでシーズンのスタートを切るまで得点が本当にありませんでした。彼のキャリアで2度目のUCLでのゴールをスタイリッシュに収めた。

      ボールをゴールから25ヤードの位置で拾ったディバラは前進し、ディナモのゴールキーパー、エイドリアン・センパーから最も簡単に、ゴール角へ止めることができない左足のシュートを放った。

      パウロの素晴らしいゴールは、秋の個人のきらびやかな戦いの始まりを記録し、エンポリ戦、ウディネーゼ戦のアウェイでの2戦で続き3試合で4ゴールを挙げました。

      背番号21が水曜日の戦いにいきなり復帰するのが見られるでしょうか?

      3. ビュフォン輝き

      3週後のリヨン戦は、最終的にスーパーマンが本当のアイデンティティーを明らかにする時でした。

      @gianluigibuffon: Hero. Today, tomorrow, forever. #NumeroUno #G1G1 #FinoAllaFine #ForzaJuve

      Juventus Football Clubさん(@juventus)が投稿した写真 -

      パルク-OLでの夜、ジャンルイジ・ブッフォンの能力がチームがリヨンの猛攻撃に勇敢に立ち向かい2どのシュートストップの奇跡をもたらした。

      前半のアレクサンドル・ラカゼットのPKセーブが既に巨大な攻撃の圧力での素晴らしいストップで、ナビル・フェキルのシュートをストップした2回目のブロックは超自然性の領域と言えます。どのようにこのシュートを瞬間的に読み取ったのか、ボールはアンドレア・バルツァッリの体にあたり方向が変わったが、彼だけが知っています。

      ジジは、それで終わりません。至近距離からのコランタン・トリッソの弾丸ヘッドを足でブロックし、ゴールを奪われないという確実な決心がさらなる技となった。

      ブッフォンの無敵性が理解され、1つの結論だけが感覚として残りました…

      4. ファンの決勝点

      最も重要な瞬間に、一部の選手には得点のコツを持ちます。フアン・クアドラードがそのうちの1人です。

      マリオ・レミナが退場し10人で戦っていたユベントス、ありえないかと思われた勝ち点3を奪い取るためにクアドラードにはベンチから離れ7分を必要とした。

      あらゆる感覚で表現として、フアンの素晴らしい決勝点は、本当の青天の霹靂でした。マリオ・マンジュキッチからサイドでボールを受けたクアドラードは、ボックス内へのパスをリヨンのディフェンダーは、警戒した。

      次に、起こったことを思い出して下さい。私たちはどのようにあなたに説明しましょうか?

      5. セビージャ戦勝利

      トリノでのリヨン戦1-1の引き分けから、スリリングなグループH首位を賭けた直接対決を11月23日にエスタディオ・サンチェス・ピスフアンでユベントスはセビージャと戦いました。

      フランスのフアンの終盤の決勝点を過小評価してはいけませんが、アッレグリ監督のチームがベスト16進出を果たし、首位セビージャを倒したのはスペインででした。

      キックオフ5分以内でダニエル・パレホのエリア端からのボレーで先制点を奪われ、アンダルシアで最悪の事態に脅かし、この対戦はビハインドからビアンコネリは嵐を切り抜ける反撃を行うことに。

      ペナルティーエリアでレオナルド・ボヌッチがファウルを受けPKを手にすると復帰したクラウディオ・マルキジオがハーフタイム前に同点にする運命を握った。

      ユーヴェは10人ながら好戦的で熱く戦ったセビージャを崩すのに苦労し、引き分けで終わるかと思われたが、ヒストリー・メーカーの大物選手、ボヌッチが距離のある素晴らしいシュートでスコアシートに自身を刻んだ。

      セビージャへの旅をした熱心なビアンコネリ・ファンは、すぐにマンジュキッチの3点目を祝い、疑いのない勝利を説明した。

      最終的にグループ突破資格を得て、水曜日のディナモ戦へ確実に首位を保障した。ジェットコースターの様なグループ・ステージは、ユベントス・スタジアムで終わります...

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK