23.04.2016 19:00 - in: セリエA S

    フィレンツェでの有名な5勝

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリが今週末フィオレンティーナに勝利する準備をし、Juventus.comはスタディオ・アルテミオ・フランキでの忘れられないアウェイ勝利の5試合を振り替えります
    フィオレンティーナ1-3ユベントス、1977年4月10日

    ユベントスは、2位トリノに対し1点のアドバンテージを維持するために勝利を必要とし、1976-77シーズンの30試合のうち24節にアプローチした。

    フィオレンティーナは3位で、強いシーズンを楽しんでいました。そして先生しビアンコネリをハーフタイムまで寄せ付けませんでした。

    ハーフタイム後、ユベントス18分いないに3得点を挙げます。ロベルト・ボニンセーニャがポストを離れたところで突っつき、ロメオ・ベネッティがその直ぐ後にトメられないシュートを放った。

    ジャンフランコ・カサルナのPKでから4分後に決まりフィオレンティーナは1点を返すも、ロベルト・ベッテガの近距離のフィニッシュは、疑う余地もなく勝利へリードしました。

    ビアンコネリは勝利を追いかけ、さらに5勝を挙げ、ライバル・トリノを打ち負かしてタイトルを得るのに十分であった。

    フィオレンティナ1-4ユベントス、1995年4月29日

    ユベントスは23回目のスクデット・タイトルを追うために4月後半にフィエンツェに遠征し、リーグ順位、スタディオ・アルテミオ・フランキでのリーグ戦は18年後の今と似たようなアプローチでした。

    ジャンルカ・ヴィアリが7分にファブリツィオ・ラバネッリの右からのクロスから先制点を挙げリードした。

    ハーフタイム後、ビアンコネリのゴールキーパー、ミケランジェロ・ランプッラがガブリエル・バティストゥータのPKをセーブしビアンコネリはリードを維持へランプッラに感謝した。

    一方、ロベルト・バッジョが冷静に全所属クラブに対してリードを広げる2点目を挙げた。

    バティストゥータは70分に強力なヘディングで1ゴールを挙げるも、ラヴァネリとジャンカルロ・マロッキが2ゴール追加点を奪い、ユベントスは竿臭的に手にしたタイトル獲得へ重要な勝ち点3を加えた。

    フィオレンティーナ1-3ユベントス、2001年5月11日

    2001年5月のフィオレンティーナ戦のユベントスの勝利は、主にジネディーヌ・ジダンとダビド・トレセゲのゴールによってもたらされました。

    ミッドフィールダー・ジダンはこの夜のフィオレンティーナに対し物凄いプレーを残し、アレッサンドロ・ビリンデッリのクロスからトレゼゲのノックダウンへスコアシートに名前を残すことは確実でした。

    イゴール・トゥドールはシーズンで彼の5得点目を奪いユベントスのリードを2倍に広げた。しかしマルコ・ロッシは前半終了数分前に1点を返した。

    後半はビアンコネリは何度かフィオレンティーナのゴールを襲います。最終的に89分に、ファビアン・オニールのフリーキックから正確にトレゼゲが勝利を確実とするゴールを挙げ試合を決めた。

    フィオレンティーナ1-2ユベントス、2010年3月6日

    ビアンコネリの19番目で、最後から2番目のフィレンツェでのセリエA勝利は、良い形で始めることができませんでした。
    2分にアントニオ・カンドレーヴァの器用なスルーパスを突進するディエゴが受けキーパーのセバスチャン・フレイから先制点を挙げた。

    元ユベントスのミッドフィールダー、マルコ・マルキオンニは30分にフィオレンティーナのために1点を挙げますが、モハメド・シソッコがペナルティー・エリア左サイドでファビオ・グロッソとプレーし、68分にフルバックが素晴らしい角度のあるところから得点を挙げ、厳しい戦いを勝利した。

    フィオレンティーナ0-5ユベントス、2012年3月17日

    フィオレンティーナ戦ユベントス5-0の勝利は、この対戦でアウェイ・チーム勝利で過去最大の得点差となった。

    ミルコ・ヴチニッチの攻撃は、15分でアントニオ・コンテ監督のチームに点を与えた。

    リードを奪った後、フィオレンティーナのフォワード、アアレッシオ・チェルチ、オフ・ザ・ボールでのファウルで退場、ビアンコネリは数の優位を完璧に利用し、アルトゥーロ・ビア樽のドライブで2-0とした。

    後半、ユベントスはデリオ・ロッシ監督の10人のチームへ攻撃を続け、クラウディオ・マルキジオのヘディング、アンドレア・ピルロのドロップショットとピルロのスルーパスからシモーネ・パドインの至近距離のフィニッシュで確実に勝利し、30回目のスクデット・タイトルへ大切な勝利を挙げた。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK