14.05.2016 19:11 - in: マッチレポート S

      五つ星のユーヴェ、完璧な締めくくり

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      イタリア・チャンピオンはユベントス・スタジアムで5-0でサンプドリアに勝利し最高の形でリーグ・シーズンを終えます。

      ユベントス・スタジアムでサンプドリアに対し5-0の勝利し歴史的なセリエAキャンペーンは土曜日夜に値するハッピーエンドをユベントスは確実としました。

      今シーズン最高のシーズンを表現するための言葉すなわちHi5toryを表す、チャンピオンの歓迎と強調されたファンのコレオグラフィに歓迎はキックオフの前のスタジアムのイースト・スタンド全体で完全に説明されました。

      ビアンコネリがこの試合の主権を握るには長くかかりません。そして、パウロ・ディバラのフリーキックを頭で合わせパトリス・エヴラが真のストライカーなフィニッシュで6分という早い時間に先制します。

      歓喜するユベントス・スタジアムの観客に支えられ、ユベントスは見事に戦いました。シンプルに華麗にディバラから新たにスターの舞台をセットします。

      マリオ・マンジュキッチがミラン・シュクリニアルにエリア内で倒されPKを奪うと、アルゼンチンのストライカーはペナルティースポットから15分にユベントスのリードを2点に広げます。このファウルでシュクリニアルは退場の判定を受けます。

      そして37分に、ディバラは今シーズン23点目を記録するゴール、左から切り込みエリア端18ヤードからゴール下角へ、マジカルなゴールを挙げリードをさらに広げた。

      より落ち着いた後半、77分にジョルジョ・キエッリーニが強烈なハーフ・ボレーでネットを揺らし、レオナルド・ボヌッチが終盤を締めくくり、ユーヴェの五つ星公演が終了しました。5連続リーグ優勝に伴う5ゴールでした。

      最終的に試合の結果が出た方法で、サンプドリアが3分に最初に枠内へのシュートを放ったことは簡単に忘れるでしょう。リッキー・アルバレスはネトのグローブを熱くする男でした。ネトは今シーズン初めて2連続セリエA出場となりました。

      そして3分後、ユベントスはこの夜最初のゴールを賛美していました。それは変わっていたが、先例のない状況でした。

      左からのディバラのフリーキックは誰もが触れられない様でした、しかしユーヴェにとって幸にも、エヴラのサンプドリアとのホームでの戦いで2連続ヘディングでの得点を記録するため、このボールにファーポストでエヴラは得点を挙げた。

      サンプドリアにとって問題は酷くなります。シュクリニアルがペナルティエリアでマンジュキッチを倒してしまいレッドカード。そしてディバラが順当にPKを決め、今シーズン通算22得点目を確実とした。

      ディバラは、彼の通常通り活発な自身のプレーで30分に自身のこの試合での2得点目に近づきましたが、相手キーパー、アルベルト・ブリニョーリがファイン・セーブ。

      ビアンコネリは自分たちのカルチョを本当に楽しんでいました。そして、距離のある所からバーの上へ放った厳しいな角度からのディバラのシュート・チャンスの後、クロスバーの上へ外れたディバラのクロスからシュートを放ったシュテファン・リヒトシュタイナー、低く外れたマンジュキッチのシュートで攻撃を切り開いた。

      そして、37分にディバラが、ボックス端から左足でシュートを放ちブリニョーリからゴールを奪い驚くこともなく3点目を加えます。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームのクルージングはインターバルに、後半にテンポが緩むことはいくつか回避することは出来ませんでした。トスカーナの戦術家は土曜日のコッパ・イタリア決勝を考慮しディバラとマンジュキッチを下げます。

      ユーヴェのファンは既に祝うには十分な理由がありました、クラブで400試合出場をホームでハーフボレーでの得点を77分にキエッリーニが奪い追加点を提供した。

      85分に、ディフェンス・パートナーのボヌッチが追加点を至近距離から押し込んだ。

      勝者のメダルを得て、クラブの忘れられない完璧な34回目のセリエAタイトルを掲げ、ビアンコネリは5連続スクデット・パーティがユベントス・スタジアムで始まりました。

      ユベントス

      ネト, バルツァッリ, ボヌッチ, キエッリーニ, リヒトシュタイナー, ペレイラ (ストゥラーロ 65), エルナネス, ポグバ, エヴラ, ディバラ (モラタ 68), マンジュキッチ (ザザ 75)

      未出場控え: ブッフォン, ルビーニョ, ルガーニ, パドイン, レミナ, アサモア, クアドラード

      監督: アレッグリ

       

      サンプドリア

      ブリニョーリ, バレート, コレア (ソリアーノ 76), ドド, クルスティチッチ, サーラ (ラノッキア 56), ディアキテ, アルバレス, シルベストレ, クアリャレッラ (ポンセ 87), シュクリニアル

      未出場控え: プッジョーニ, カッサーニ, ロドリゲス, ペレイラ, パロンボ, ムリエル, カロ, デ・シルヴェストリ

      監督: モンテッラ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK