11.09.2016 12:09 - in: セリエA S

      素晴らしい土曜日からの5つのポイント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      TwitterとFacebookのサポーターの助けを借りて、、Juventus.comは土曜日の3-0で勝利したサッスオーロ戦5つの重要なポイントを挙げます
      1. ゴンサロのゴール

      ゴンサロ・イグアインのユベントスでのここまでのキャリアの:119分、38タッチ、3ゴール。

      この記録について、イグアインのシーズン初期の得点騒ぎは、枠内への多くのシュートからで、驚くに足らない多くのシュートから放たれました。そしてセンターフォワードの彼が多く得点してきたキャリアを通して注目に価する効率を考慮する事ができます。

      ピピータのスタジアムでの3得点は、既にペナルティーボックスでの広く武器となる強さを示しており、3週間前のフィオレンティーナ戦での心臓が止まるほどの決勝点のタイミングはマスタークラスであり、昨日のプレーでも息をのむ最高の正確さの力を示した。

      最初に、15秒未満で端から端まで動きゴール隅へ本能的な角度をつけたドライブ、クオリティを持つシュートを放ち、6分後に更に良いシュートを生み出した。

      誰もゴンサロほど効果的に危険をかぎ分ける事はできません、ボールはサミ・ケディラによりペナルティ・スポットヘ運ばれ、サッスオーロのペナルティエリア周りからただ結果を残した。

      瞬きの瞬間に、背番号9はポジションに入り、足を調整し、40,000人のサポーターのセレブレーションを受けるために、ゴール角へボレーを放ちました。前線でたったの4タッチで10分で2-0です。

      昨シーズンの36ゴールに迫る可能性についてイグアインは尋ねられ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は最も重要な事はタイトル獲得だと答えました。
      最終的に、最高の得点者としてシーズンを終えたストライカーの3シーズンの全てでスクデットを獲得したわけではありません。

      イグアインとチームメイトがこのように続くなら、ビアンコネリは来る5月に最高の得点者とスクデットの二つを見つける事ができます。

      2. マジック・ミラレムと中盤の動き

      ユーヴェ・サポーターは戦いでミラレム・ピアニッチの最初のプレーを目撃するために待たせられました。トッテナム・ホットスパーとメルボル・ヴィクトリーとのプレシーズンマッチでメルボルンで戦ったが、昨晩の完璧なホームデビューで示したプレーに対して十分ではなかった。

      チームの深い位置でプレーメーカーとして先発し、これまでの役割を信頼できるマリオ・レミナに手渡しました。彼がポゼッション中は常に、アッレグリ監督によりユベントス・スタジアムのピッチの自由を受け、最大に確実にプレーした。

      90分末まで、中盤の仲間ケディラ(45回)、試合を作るパウロ・ディバラ(44回)に続く相手陣地でのパス成功数をピアニッチはデビュー戦で42回と記録した。そしてゴールへボールを押し込む前にクロスバーに当てるも得点を挙げた。

      クアドォ・アサモアは新しいチームメイトの代わりに休み、レミナ、ケディラ、ピアニッチがユベントスの中盤、有名なディフェンスと完璧な調和を保った。

      レミナの筋肉、ケディラの知性、アサモアのアジリティ、ピアニッチのフェザータッチがフィールドで最も重要なポジションで対戦相手を支配し、ビアンコネリに必須の多様性となります。

      70%以上のポゼッション率は、土曜日の証拠以上に十分です。

      3. スタート共に上へ

      昨シーズンは、遅いスタートとなり、10月から3月まで15連勝が必要と意味したがアッレグリ監督の選手達は2016/17シーズンのここまで3試合3勝を挙げ、ビアンコネリがこの時期に同じ歴史を作った妙技を必要とする様子はありません。

      昨日のピッチ、前線からのプレッシャーを始め、30分以内でのイグアインの2得点とピアニッチの追加点が3-0としリーグ首位に着けた。
      ルーカ・アンテイの近距離のシュートはリードを2点に減らしたが、戦いとして試合はハーフタイムには事実上終わっていました。

      試合の終盤をマネージメントすることを、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はチームの序盤のリードを奪った方法に満足したが、試合全体をマネージメントすることをの重要性を強調しようとしました。

      これまでに完璧主義者として監督は間違えなく来るべき週へチームに大きな後半の集中を求めています。

      監督は、以下の様に終了の笛の後に話しました。
      「あまりに多くシュートを許し、試合を後退させる危険を冒した、我々は強い前線を確立した後に試合をマネージメントする方法に取り組む必要があります。

      我々は、試合を動かすためにハードワークし続ける必要があります。毎日、私は我々がタイトルの本命であると聞きつづけています。しかしまだ働く必要があります。」

      4. ダイナミック・ディバラ

      誰も現在パウロ・ディバラを超えていません。

      昨シーズンのリーグ戦19ゴールは5連続スクデット・タイトルへチームに貢献した。同国出身のイグアインの出現はディバラに試合中での微妙な変化を招きました。

      セントラル・ストライカーとしてフィニッシュの能力の幅の広さを実証したが、現在前線でディバラはペナルティ・ボックスのストライカーの後ろで隠れ、豊富なクリエイティビティの質を誇るチャンスが与えられいる様です。

      一度ユベントスの動きの殆どの終わりで22歳はスタートし、ファイナルサードでのプレーを行います。

      ターゲットマンであるイグアインの後ろで動き、ディバラはサッスオーロの中盤と守備の間で絶え間なく脅威となった

      この試合パウロの5回よりも多く得点機会を作った選手はいません。そして4分のイグアインへのアシストは、ユーヴェファン全員へこのシーズンを楽しみしなければならないかというスナップショットとなった。

      ディバラはスペースへ入り、ディフェンスを動かすと彼の独特のスタイルでイグアインへ冷静なフィニッシュへ繋げ、ワールドクラスの動きをオフザボールで見せ、ユベンストのシーズン終わりで印象的なゴール数を期待できます。

      ディバラは今シーズン初の得点を挙げるチャンスもありました、ピアニッチが得点したクロスバーに当たったヘディングシュートのリバウントにいち早く反応しました。
      時間が進みより多くのチャンスがあるでしょう。

      5. 豊かな右サイド

      ビアンコネリのアタッキング・スターのダイナミズムは必然的に8月と9月の注目を集めるが、シュテファン・リヒトシュタイナーの静かな右サイドでの働きの光景は見るべき喜びでした。

      スイス代表キャプテンが昨晩シーズン初の先発で戦った事実は、シンプルにサイドでのチャンピオンの力です。

      移籍期限最終日にチェルシーからクラブに再加入したフアン・クアドラードとフィオレンティーナ戦、ラツィオ戦ですでに注目を引いているダニ・アウヴェス、リヒトシュタイナーの素晴らしいパフォーマンスは、地震の疑う余地のなり才能を思い出させヨーロッパの殆どのチームは広いオプションでユベントスに匹敵することができないという証明となった。

      一方終わりにウイングバックはオープンプレーからこの試合最高のクロス数2本を放ち、1つはピアニッチのユーヴェの3点目につながり、3-1のスコアで、マッテオ・ポリターノからの優れたゴールラインクリアーを生み出した。

      ユベントス・スタジアムがオープンしてから5年間、リヒトシュタイナーは250試合目のセリエA出場をサッスオーロ戦で記録し、最高のプレーからおそらく今後数カ月チームの重要なメンバーとなるでしょう。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK