21.08.2016 12:30 - in: セリエA S

    開幕戦5つのポイント

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ピピータの衝撃的な導入から、クワドォ・アサモアのマン・オブ・ザ・マッチへ。Juventus.comは、フィオレンティーナとの土曜日の開幕戦の5つのポイントを話します
    1. ようこそピピータ

    8分と3タッチ、ゴンサロ・イグアインが、ユベントス・スタジアムで得点を奪うのに必要な全てで、イグアインがフィールドに現れ、サポーターへ本当の興奮を引き起こすには十分でした。

    注目すべきピピータの決勝点、サミ・ケディラのシュートがブロックされたこぼれ球を、エリア内に侵入し近距離で奪ったゴール、出場した最後の4試合と3試合の背番号9のセリエAでの7ゴール目はフィオレンティーナ戦ででした。

    ヴィラール・ペローザで非公式に初ゴールを挙げ、60分のプレー後、得点のレベルで勝ち点3の運命を決定するのはイグアインでなければならなかったという感覚がありました。

    試合後プレスに話したゴンサロは、この得点機がトリノに着いてからファンの驚異的な歓迎に応えるチャンスであり、開幕戦での得点より良い方法は想像できなかったと話しました。

    2. 勝利のスタート

    ビアンコネリは、昨シーズンの開幕でウディネーゼとローマに敗北し、ホームでキエーヴォと引き分け、リーグ戦勝利は9月下旬まで待つことになりました。主にピピータのエピックなゴールを燃料に意気揚々の感覚があり、今回は勝利のスタートを切ることができた。

    昨晩の勝利は、ユーヴェのリーグ戦29試合で27勝目となり、タイトルへの議論と注目に価する一貫性で先例のない逆襲のクオリティがあり、このシーズンの強いスタートへ最も見込みのある結果の様でした。

    同様にマッシミリアーノ・アッレグリ監督とビアンコネリ・ファンを喜ばせたのは、ニコラ・カリニッチの不意を突く同点弾を打ち消し、後半目に見える疲労にもかかわらず最終的に勝利するためにチャンピオンが立ち直った戦い方です。

    昨シーズン、いたるところで達成してきたことです。この重要な時、意志をもって絶対的な力で結果を出し勝ち点3で確実にユベントスは2016/17シーズンを開始しました。

    まあ、彼らがベストでプレーしない時のチャンピオンに何を言いますか?

    3. ...フィールドの中と外で

    ユベントスの印象深かった瞬間は、当然フィールドの中だけではありません。

    ユベントス・スタジアムのマッチデー・スタッフは、この夏も明らかに忙しく、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームをフィールドに迎え入れたライトショーは本当に素晴らしかった。

    新しいシーズンへトーンを設定す話です…

    4. ダニのデビュー

    2人のデビュー選手がユベントス・スタジアム一礼しました、その内の1人は明らかに当然見出しとなる理由があります。一般的に均衡した試合での歴史で、最も多く輝いた選手である理由を示しました。

    私達はもちろん、ユベントスのユニフォームで最初の公式戦出場を果たし、興味をそそるプレーを垣間見たダニ・アウヴェスのことを話しています。

    アウヴェスの102タッチ以上にボールに絡んだ選手はフィールドにいません。パウロ・ディバラの40回だけがアウヴェスの39回の相手陣地でのパス数を上回ります。

    オープン・プレーで試合最高の4本のクロスを放ったのに加え、右サイドでディバラと観客の目の前で美しいボールを回しをコンビネーションで行いこの結果は跳躍するウイングバックにとって非常に気持ちの良い夜となった。

    ダニのサイドと逆のアレックス・サンドロと、ユベントス・スタジアムのサイドで90分間フルに2人のブラジル人が正確な供給を苦心した。

    5. マン・オブ・ザ・マッチ?

    おそらく後日に、アウヴェスの進取的なプレーはマン・オブ・ザ・マッチに値するに十二分でしたが、ミッドフィールダー、クワドォ・アサモア、サミ・ケディラ、マリオ・レミナの活躍も確実にアウヴェスの位置を脅かします。

    全くの影響として、タイトルはイグアインへ向かわなければいけません。しかしプレーの詳細を観察し、アサモアとケディラの説得力のあるプレーに関し述べることができます。両者ユベントスの2ゴールに深く関わりました。

    始めに前者、特に前半アサは、ビアンコネリの良さの中心にいまいた。そして、先制点のケディラの強烈なヘディングへクロスを送ったジョルジョ・キエッリーニへ落ち着きでボールを送りました。そして、決勝点のリバウンドをゴールへ押し込むチャンスで、イグアインへケディラはシュートを放った。

    レミナと共に、2人はフィールド中央で好戦的戦ったのが特徴的でした – アサモア(15回)より多くの対決に勝利した選手はいません。そして、ゴールへ明確に常にポジティブなポゼッションで戦った。

    しかしホームの忠実なサポーターを最も喜ばせたのは、最近の怪我で悩まされていた選手が著しいスタートを切ったということです。
     

    ゴンサロとダニはデビュー選手でしたが、クワドォも新加入選手のように見えました。

    前へ、そして、もっと高く、ラツィオ戦で

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK