31.01.2016 14:52 - in: マッチレポート S

    ヴェローナでユーヴェ、4ゴールの勝利

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    日曜日午後、キエーヴォ戦4-0のビアンコネリの勝利は12連続セリエA勝利を記録

    ユベントスは日曜日午後、キエーヴォと対戦し4-0で勝利を納め、2年前にクラブが達成したセリエA12連勝記録に並んだ。

    ビアンコネリは、今シーズンのリーグ戦でベスト・アウェイ勝利記録(現在勝ち点25点)を更新し、全体で優勢となるプレーを残し、この特別な偉業を放棄するムードはありませんでした。

    週半ばのコッパ・イタリア、インテル戦での2得点が記憶に新しいモラタはベンテゴディ・スタジアムで再び2得点を挙げ、それぞれシュテファン・リヒトシュタイナーとサミ・ケディらのボックスへの2度の素晴らしいボールで得点を挙げた。

    ユベントスはインターバルの後、確実に試合をコントロールしゴールへ13回シュートを放ち、アレックス・サンドロとポール・ポグバが追加点を奪い暫定でこの日数時間後に試合を行なうナポリを勝ち点1で上回る首位に立った。

    ユベントスは試合立ち上がりを力強くスタートします。モラタは既に活発に動き、この試合チームの最初の得点機を作り、クロスはアレックス・サンドロへ繋がり4分にボックス端からシュートを放つもクロスバーの間違った方へ流れた。

    ちょうど2分後に、モラタは、4日間で3得点目を祝います。リヒトシュタイナーの右からの鋭いボールをゴールに押し込みアルバノ・ビサーリから得点を奪った。

    その時以来、ビアンコネリの攻撃の波が続き、相手陣地でキエーヴォに対し罠を仕掛け、リードを2点へ攻撃を続けました。その後ポグバがシュートをバーの上へ放ち、モタラが強力な走りからポグバへチャンスを作った、アレックス・サンドロ、またリヒトシュタイナーはボックス内でこぼれたボールからフィニッシュを演出しようとした。

    20分までに、パウロ・ディバラも著しくユベントスの攻撃で大きな位置を占め始めていた。僅かにゴールを外れたシュート後、ビサーリが辛うじて触り防いだ近距離のシュートを放った。そしてケディラはボールをディバラへ繋げずもう一度アシストする事が出来なかった。

    ピッチ中央で、ポグバが最高のポゼッションをするチームで、またエリアで多くのパスを供給した様に、ポゼッションを定期的に取り戻しキープし、更にビサーリのゴールの上へ2度鋭いシュートを放った。

    キエーヴォはなんとか枠内へ最初のシュートを放つ事が出来たが、ジジ・ブッフォンは簡単にニコラ・リゴーニの中央のロングシュートをセーブした。

    そして40分にビアンコネリのキエーヴォ・ゴールへのプレスがようやく報われ、ハーフタイム前の12本のシュートを放ちました。

    ディバラはボックス端でディフェンスをかわしケディラへボールを繋ぐと、左サイドからクロスを放ち、モラタが最初のゴールとサイドは逆ながら似た様な展開でゴールへボールを突き刺した。

    ハーフタイムを2-0で折り返すと、キエーヴォは力強いスタートが後半の対戦で前半の失点を取り戻そうとし、イバン・ラドヴァノビッチとポール=ジョゼ・ムポクがシュートを放つも枠を外れた。

    しかし、キエーヴォのこの試合最高の期間は短かった。61分にユベントスはリードを広げます。ディバラとポグバを含む素晴らしいパスの動きが右から左へ流れると、アレックス・サンドロがスペースからシュートを放ちビサーリからゴールを奪い、アレックス・サンドロにとって3リーグ戦で2度目のゴールとなった。

    そして7分後、ポグバがディフェンス2人を抜き、右足でボールをゴール右隅へ正確にシュートを放ち、名前をスコアシートへ加えた。

    4-0とリードを広げるも、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは攻撃を緩める兆候を示さず、アレックス・サンドロはこの日2点目に近づくシュートを放つもクロスバーを鳴らした。

    試合は終盤に差し掛かり、モラタは再びシュートもアレックス・サンドロのシュートと同様ビザーリがブロックした。

    ユベントスはアディショナルタイム2分に5-0の可能性があったが、ポグバの強烈なシュートはバーを直撃した。

    5連続スクデットへの戦いは続きます。

    ユベントス
    ブッフォン; カセレス, ボヌッチ, バルツァッリ; リヒトシュタイナー (パドイン 80), ケディラ (ストゥラーロ 46), マルキジオ (エルナネス 69), ポグバ, アレックス・サンドロ; ディバラ, モラタ

    未出場控え: ネト, ルビーニョ, ルガーニ, キエッリーニ, ペレイラ, クアドラード, ファヴィッリ, ザザ

    監督: アッレグリ

    キエーヴォ
    ビサーリ; カッチャトーレ, ダイネッリ, フレイ, サルド; リゴーニ, カストロ, ラドヴァノヴィッチ (ピンツィ 61); ビルサ (ペリッシエール 68); イングレーゼ, ムポク (ゴッビ 73)

    未出場控え: セクリン, ブレッサン, スポッリ, コスタ, ダミアン, デパオリ

    監督: マラン

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK