27.06.2016 10:53 - in: 公式レポート S

      フランスとドイツ、準々決勝進出

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      パトリス・エヴラ、ポール・ポグバ、サミ・ケディラが出場したフランスとドイツはそれぞれアイルランドとスロバキアに勝利し、EURO2016準々決勝進出

      土曜日のシュテファン・リヒトシュタイナーとマリオ・マンジュキッチの敗退後、日曜日の欧州選手権では3人のユベントス選手、パトリス・エヴラとポール・ポグバのフランスとサミ・ケディラのドイツがアイルランドに2-1で勝利しスロバキアに3-0で勝利し準々決勝へ進出を決めた。

      開催国フランスの早い時間でのキックオフ、開始50秒でポグバがペナルティーエリア内でシェーン・ロングを倒しPKで失点も、アントワーヌ・グリーズマンの後半の2得点という強力な戦い方をした。

      グループ・ステージ最終戦、イタリアに勝利した試合で得点したロビー・ブラディがPKを決めリヨンでアイルランドに望みを与えた。

      マーティン・オニール監督のチームは、ダリル・マーフィーのシュートで追加点を奪いそうになるが、フランスはテンポを上げEURO 2000勝者は、前半の45分で試合をコントロールし始めた。

      ハーフタイムの後に、フランスは試合の流れを変え、ちょうど3分で同点弾と決勝点となる得点を印象的なグリーズマンが挙げた。最初の得点は、58分にバカリ・サニャのクロスから素晴らしいヘディングでゴール、2得点目は、オリヴィエ・ジルーの正確なノックダウンからゴールを挙げた。

      シェーン・ダフィーがエリア手前でアトレチコ・マドリッドのフォワードを倒しハットトリックを防ぐもブラックバーンのディフェンダーは退場、フランスは、残り時間疲れた10人を相手に数的優位で戦い、今晩のイングランドとアイスランドの対戦の勝者と日曜日スタッド・ド・フランスで戦います。

      このちょうど1時間後に、ジェローム・ボアテング、マリオ・ゴメスとユリアン・ドラクスラーのゴールで優勝候補であるドイツはスロバキアに対し3-0と快適な勝利で確実にベスト8へ仲間入りした。

      ここまでおそらくドイツにとって最も強いトーナメントでの戦いを生じ、現ワールドカップ勝者は最初から最後までスロバキアを圧倒、ボアテングの素晴らしい先制点の直後にメスト・エジルのPK失敗がなければ、さらに大きな得点差での勝利となったでしょう。

      ユーヴェのケディラは、次の試合でプレーするために、残15分を残して交代した。

      次のラウンドでドイツを待ち受けるのは、2012年の決勝と同じ対戦、ビアンコネリのスター、ジャンルイジ・ブッフォン、ジョルジョ・キエッリーニ、アンドレア・バルツァッリ、レオナルド・ボヌッチ、ステファノ・ストゥラーロ、シモーネ・ザザを揃えるイタリアとスペインのパリでの対戦勝者です。(日本時間1:00キックオフ)

      一方、百周年大会トーナメントで3位で終わるためコロンビアは1-0でアメリカに勝者し、ポジティブな結果でフアン・クアドラードのコパ・アメリカの冒険が終了しました。
      この大会はチリがPKで4-2でアルゼンチンに勝利し連続で再びトロフィーを手にしました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK