10.03.2016 16:00 - in: セリエA S

    金曜夜のフォーカス

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    セリエAで最も調子の良い2チームは、印象的な無敗から金曜日の夜にユベントス・スタジアムで対戦します
    状況説明

    ユベントスの金曜日のホームでの戦いでよりよく週末をキックオフするには?ユベントスとサッスオーロは、セリエAで最も調子の良い2チームで、両チーム合わせて23試合リーグ戦無敗からエンターテイメントを提供します。

    一貫性に関し、ユーヴェは疑う余地なく10月のマペイ・スタジアムでのサッスオーロ戦1-0での敗戦から自信に品格を入れました。

    レッジョエミリアでの期待外れの敗北は、ユベントスのシーズンの分岐点としてのポイントになり、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、18試合で得られる勝ち点54から52点を奪い続け、首位にいたナポリを追い詰め、並び、最終的に追い越しました。

    当然、このような走りは目覚しいホーム記録を伴い、ユベントスにとってホーム11連勝となっています。

    たまたま、アッレグリ監督のチームは、今シーズンはホーム失点を殆ど与えてません、9試合連続無失点をリーグ戦に記録し、史上最高のセリエA記録に後1試合としています。

    フェンスの向こう側で、10月のビアンコネリに対する勝利は、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督のサッスオーロが自信を急速上させる多くの兆候の最初のものとなりました。

    エンポリ戦(3-2)、ラツィオ戦(2-0)とミラノ戦(2-0)の連勝は、サッスオーロを7位へ押し上げ、2014/15シーズンの同じ時期の勝ち点から12点を進歩させ、ヨーロッパ・リーグ出場資格までミランと勝ち点3点差となっています。

    その上ウイングのドメニコ・ベラルディとニコラ・サンソーネのカウンターアタックの脅威が直接の影響で前回のユベントスとの対戦で素晴らしい決勝ゴールとなった。ディ・フランチェスコ監督のチームは今年ここまで良いアウェイを戦い、最後7試合で1敗だけでユベントス・スタジアムへ向かいます。

    簡単なヒストリー:ここまで順調

    ビアンコネリはサッスオーロに対し全体的に優れた記録を持っています。過去5試合で3勝1分を記録しています。

    ユーヴェは特にホームで支配的です。昨シーズンの戦いにおいての勝ち点3を収めた試合で8分にポール・ポグバの輝かしい瞬間を必要としトリノでの戦いは快適にスタートした、そしてカルロス・テベスがハットトリックを達成し完璧な4-0の勝利を挙げた。

    現状でサッスオーロのゴールは1月中旬からユベントス・ネットを揺らした最初のチームだけでなく、彼らの2年半のセリエAでの歴史でリーグ首位のホームで初めて奪ったゴールでした。

    チーム・ニュース

    マルティン・カセレスとジョルジョ・キエッリーニは水曜日のチャンピオンズ・リーグ、バイエルン戦で復帰するために期待されていますが、この二人を欠場者として、アッレグリ監督のチームは金曜の夜、37日間で9試合に完璧なチームを利用できます。

    しかしアレックス・サンドロ、レオナルド・ボヌッチ、エルナネス、アルバロ・モラタ、ポール・ポグバとステファノ・ストゥラーロは、後1回の警告で出場停止です。

    過去3試合の両チームの先発メンバー

    一方ディ・フランチェスコ監督は、ターゲットマンのグレゴワール・ドフレルが先週末のミラン戦で2枚のイエローカードで退場しており、この隙を埋める必要があります。パオロ・カンナヴァーロ、カリム・ラリビ、シモーネ・ミッシローリは怪我で欠場予定です。

    キーマン、むしろ…マン

    5試合で4ゴールを挙げたドフレルがいなくても、レッジョエミリアのチームは、リーグで最も堅い守備へ懸念を引き起こす可能性があります。

    サッスオーロの立派なパフォーマンスは、今シーズン直近の4リーグ戦でのゴール(4ゴール4アシスト)の8つに関与したウイング、サンソーネとベラルディの相互作用でエネルギッシュに攻撃を行います。

    多くの場合、出場停止のドフレルは、イタリアのフォワードがサッスオーロを守備から攻撃へ素早く移行させ、サッスオーロのディ・フランチェスコ監督のチームは懸命に走りゲームプランの重要な柱となります。

    サンソーネとベラルディ、システムの役割の頻度が明らかに示され、左右にボールとベラルディが大部分のタッチでフィールドのエリア変えます。

    サッスオーロはベラルディへフォワード中央で素早くポゼッションを可能にします

    ポゼッションは有利にひっくり返されます、サッスオーロは多くの場合ベラルディへ右サイドをコントロールし、俊足のサンソーネのサポートでドリブルやポジショニング、ディフェンスを支配します。プレーを伸ばしピッチで進めるため、チームのディフェンスと中盤に時間を与えます。

    攻撃の更なるレイヤーに関し、クロアチアのウイングバック、シメ・ヴルサリコが他のどの選手よりも多くの161回のクロス試みています。

    金曜日の夜にユベントスのサイドでの仕事を課されるアレックス・サンドロ、パトリス・エヴラ、シュテファン・リヒトシュタイナー、ファン・クアドラードが出場するかにかかわらず、ディ・フランチェスコ監督の選手を制御する為に最善を尽くす必要があります。

    ファンはクラブの公式twitterアカウント(@juventusfcjp)またはユベントス・アプリとウェブサイトのライブマッチ・サービスで日本時間土曜日4:45キックオフの試合をフォローすることができます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK