20.02.2016 12:20 - in: セリエA S

      金曜夜のデータ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      金曜日の引き分けは、ビアンコネリの連勝を終わらせるも、このリーグでも最も長い不敗を続けます

      スタッツは彼らが一体何が欲しいかに付いて言及する事があり、それはロベルト・ドナドーニ監督のまとまって競争的なボローニャとの金曜日夜の0対0の引き分けを振り返る前にそれを心に留めておく価値があります。

      例としてこれを取り上げると、昨日の試合結果が2月上旬の12位から首位へ上り詰めたユベントスの驚異的な連勝を終わらせたが、10月28日の1-0で負けたサッスオーロ戦から負け無しで7試合連続無失点記録を確実とした。

      そして昨晩の対戦はどちらの方法も観る事ができ、試合での鍵となるスタッツとより詳細なチェックの数は同じ結論に至ります。

      ここにあらためて、パトリス・エヴラ、レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルツァッリ、シュテファン・リヒトシュタイナーのバックラインは、ねばり強い敵からの枠内へのシュートをマッティア・デストロのロングシュート1度に抑える事に成功しました。

      一方では、このシュートに関してエヴラとポール・ポグバ両者のインターバル後のハーフボレー等最も多くチャンスを引き出しした。

      全体の試合に関して、この2人の競争相手への慎重で計算されたアプローチからユーヴェとボローニャの過去6回の対戦で最初のドローは、明白な結果でした。

      ホームチームがよりダイレクトにプレーする傾向であるが、全体的なパスの相当な17%は、「ロングパス」と分類されました。ボローニャよりもユーヴェは正確に一緒のスタイルで面白い対戦を生じ、特に中盤ででは、より高いパスを完成させ200以上多くのパスがあった。(87%対79.2%)

      今シーズン初めてではないし、最後でもないが、クラウディオ・マルキジオはユベントスにとって最も一貫したプレーを残し、相変わらず効率的にボールを使いました。そして、深い位置で91本のパスと121タッチを提供しました。

      さらに前線の中心でポール・ポグバがボールを供給した。フィールド上のどの選手異常にゴールへ4本のシュート、4タックルと11回のリカバリーでオールラウンドと全アクションのクオリティを確実に提供した。

      難しい夜の全体の1試合でリーグ首位のために、試合後のインタビューでマッシミリアーノ・アッレグリ監督が強調した様にマジカルな冬の流れを失うものではありません。

      次は、バイエルン・ミュンヘン戦です。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK