22.09.2016 16:30 - in: セリエA S

      エルナネス「パレルモ戦に向けて」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      エルナネス土曜日のパレルモ戦への準備をし、次のレベルで試合をし続ける様にビアンコネリに求めます

      3日という時間は、フットボールにおいて長い間と言えます。日曜日夜を考えます。ユベントスはインテルに今シーズン最初の敗北を喫し、水曜日のカリアリ戦でコンシーズ最大の得点差を示しました。

      ジェットコースターの様な72時間、バランスの程度と必要な物、イベントをエルナネス、別名「予言者」は正確に理解し、Skyとメディアのインタビューに答えました。

      「人々は、インテル戦での失敗が長い目で見れば私達に良い貢献になると言いました。私は、正しい方法を入れるのを確信していません。しかし間違いなく許す事が出来ないチームを締めるフットボールの場合で、もし目的と決意が本当の意味で試合に無ければ勝つ事ができません。

      私達はこの結果に対する反応が必要でした。これは私達が得た物です。アッレグリ監督は特定の方向を昨日の試合へ私達は向けました。そして非常に良い影響で監督の指示に従いました。」

      ビアンコネリが初めに先週日曜日の失望をシステムから取り出し、エルナネスは今後の順風満帆の幻想を捨て、チームメイトへアウェイでの今週末のパレルモ戦へ強さを維持するように訴えた。

      「私達は再び次の試合へ備える必要があります。集中に関して少しでも足りないと思うなら、自分達の理由でリスクを負う危険を冒します。

      私達は次のレベルにに自分達のプレースタイルを持って行くために潜在的に難しい瞬間に直面しても確信していなければいけません。]

      トリッキーな時に立ち向かい、信用と反対サイドで現れるエルナネスは、水曜日にビアンコネリで可能な限り最高のパフォーマンスでミッドフィールダーとして試合で展開し示した。

      「私は、自分自身と楽であり、巡るいかなる批判でもこれまで心配しませんでした。私は自分が理解し出来るプレーが出来ない時に、自分自身と戦います。重要性を強調すると私は役割を変えました。私は、適応する時間を必要としていましたし、ほんの何かが必要であり、新しいポジションでピッチ上でなにをするべきか理解した今、それは簡単ではありません。私は非常に満足しています。

      「アッレグリ監督と、私には大きな関係があります。監督は異なる状況で管理するのが非常に得意ですし、私との関係で非常にシンプルで明白です。それに私は本当に感謝します。」

      前方へ見て、これまでより野心的な目的をこのシーズンに課し、現在のクラブは品質で溢れているが、より多く努力し続ける必要を強調するよエルナネスは認めました。

      「おそらく、私がこれまでプレーしたチームので最も強いチームです。それでも、改善のための多くの余地があり、新しいハードルを越えるための試合があると理解しています。待ち伏せる挑戦に挑む準備はできています。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK