25.02.2016 16:00 - in: セリエA S

      エルナネス「私達は栄誉にのってはいけません」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      エルナネスはユベントス・スタジアムで確実にスクデットを見据える為に前所属クラブであるインテルとの日曜日のセリエA対戦と火曜日の夜のチャンスを掴む事を話した。

      今シーズン、最も大きな試合でベンチスタートで45分を戦い、印象的なバイエルン・ミュンヘンから逆転の仕事を課されるということは、どんな選手交代よりも最も気合いを必要とするものの1つです。

      2016年はサンプドリアとキエーヴォとの試合で112分を戦いファースト・チームでのプレー不足を加え、印象的なアンデルソン・エルナネス・デ・カルヴァーリョ・アンドラーデ・リマの後半パフォーマンスはドイツのチャンピオンとの火曜日夜のチャンピオンズ・リーグ、ファースト・レグの引き分けでどのように戦ったかを理解するのは容易です。

      粘り強いタックル、落ち着いてボールを扱い、完璧な意思決断で、エルナネスのプレーはビアンコネリの優れた反撃の促進剤の1つとなった。エルナネスは8月下旬にクラブに加入してから減じない個人の忍耐と自己信念の潔白を証明しました。

      「私はここまでのキャリアでまだゴールを逃していはいません、ですから神に感謝します。最近、私自身の目標は自分自身をチームが利用できるようにし、出来るだけ貢献する事です」と、ミッドフィールダーはクラブの公式テレビ・チャンネル(Jtv)で今日、独占インタビューで話しました。

      「ずっと私は自分の性質を示すことが出来る瞬間が来ると知っており、それが火曜日の夜にくるとは思わなかったが、良い挑戦となったと思います。」

      火曜日の殺気立った対戦の終盤にユベントス・スタジアムから発散している全ての興奮のために、さらにより厳しい挑戦がミュンヘンのアリアンツ・アレーナで3月にセカンド・レグがビアンコネリが挑む事をエルナネスは理解しています。

      「リターン・レグはタフですし、私達は優れたチームとの戦いで準々決勝へ行くためにかなりのパフォーマンスを出す必要があります。誰もがユーヴェの後半のプレーを見ると思っていますし、ここ数ヶ月で一貫して欲しい結果を得る事が出来ると私達は思わなければいけません。」

      2週間で再びバイエルン戦の事を考える時間がもちろんありますが、今のところ、ユベントスのロッカールームでは全ての注意は数日後ろの国内での戦いであるインテルとの日曜日のセリエAでの対戦を含む2試合です。

      ちょうど昨年の夏にビアンコネロとなったエルナネスは新しいチームのタイトルをプッシュする補強となり、前所属チームに対する1月の3-0で勝利したコッパ・イタリア準決勝を確実に繰り返す事にたいする視線を持ちます。

      「私達の為だけでなくインテルにとってもビッグ・マッチです。両チームは異なる理由でポイントを必要とします全員が厳しい90分を予想する様に私達の最後の対戦の後、より慎重にプレーしてタイトに戦います。私達が出来る事が全ては、自身のクオリティに集中し、他の方法ではない自身のプレースタイルを強要することです。」

      ユベントスを追いかけるチームを破り、断固として遥かに予測できないタイトル・レースをコントロール完璧な機会です。

      「多くのチームが上手くやっている均衡した刺激的なシーズンです。例えセリエAが以前と同じではないとしてもです。」とエルナネスはまとめます。

      「私達は早くからペースが落ちる事へ驚異的な反撃をもたらしました、しかし、今すぐには栄誉にのることができません。

      現在ナポリとスクデットを争っていますし、誰が別のチームが私達のしてきた走りを行いタイトルに自身を持って行くだろうと言えますか?
      私達が自分達自身の結果に集中し、タイトルを譲らない事を確実にするのは自分達次第です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK