22.04.2016 16:30 - in: セリエA S

    エルナネス、最高のシーズン終盤を楽しむ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    エルナネスは、今シーズン、ユベントスとのジェット・コースターのようなスリリングなシーズンを楽しみ、「新しい」ミッドフィールダーとしての役割とクラブでの成功への渇望を共有した

    ユベントスは残り4試合で2位ナポリに勝ち点差を9点を広げています。しかし、ビアンコネリが歴史的な5連続スクデット・タイトルへ確実な数字を残すまで、エルナネスは地に足をしっかりとつけています。

    「私達はまだ何も獲得していません。」とメディアで今日の午後のインタビューで警告しました。
    「タイトルを獲得へまだ先に小さな道がありますし、自分たちの手元の仕事に完璧に集中する必要があります。」

    ビアンコネリにとって大事なシーズン、決定的な最終点までまだ求め続けます。そして特に春の間のタイトルのメインライバル、ナポリに勝ち点のアドバンテージを広げる前、2月中旬までの秋の順位会から首位までに反撃を果たした方法を考えました。

    サンパオロでのジェットコースターのようなシーズンの経験を認めたエルナネスは、チーム・メンバーの誰もが、復活へ最も印象的な自分たちの役割を果たし、強さを徐々にました運命の上昇を望んだことを強調しました。

    「お互いを知るようになった後、私達一人一人はなんとか今年の驚異的なシーズンに貢献することができました。もし音楽のセンスで我々の復活を解説しなければいけないなら、徐々に1曲をスタートし成長し終わりまで成長します。

    バイエルン・ミュンヘンとの戦いで善戦し、イタリアだけでなkうヨーロッパでも本当の勢力になったことを示しました。私達は現在、チャンピオンズ・リーグの上へ向かう準備ができていると私は思います。」

    これまでによりも高くゴールを改善し、決め続けたいというこの熱い願望は、正確にエルナネスがキャリアで特別な初めてのスクデット・タイトルを目指す努力をし、最初から地震を認めました。

    「私がフィールドに向かう時は常に勝つために見ています。現在ユベントスは自分の中にある感覚を完全に反映するクラブで、ホームで勝利を得るための容赦ない決意を持っています。」

    一方、たとえ中盤での攻撃で出場する際、前クラブで残した成績程定期的にネットを揺らすことができなくとも、深くプレーメーカーの役割で創造的な質を最大にするチャンスに関しエルナネスは話しました。

    「私はディフェンスの前でのポジションを非常に快適だと感じ出ていますし、数ヶ月で多くを学びました。
    少しワインの様で、私はこの役割で成熟しました、そして現在、私はいつでもベストを与える準備が出来ています。

    もちろん私はゴールを挙げる特別な感覚を逃しますが、確信します。私の現在の見解は、感じているものが私にとって最も好都合であるということです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK