26.05.2016 16:00 - in: チャリティー/CSR S

    ブリュッセルでヘイゼル追悼

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    39人のヘイゼルの犠牲者への追悼、災害から31回目の記念日にベルギーの首都での式典で守られます

    ユベントス・ミュージアムの館長パオロ・ガリンベルティと持続可能性と対外関係マネージャー、ヴィリーニア・アントニーニは、今日ブリュッセルのヘイゼル・スタジアムの悲劇31周年の式典のため、クラブ・ペンダントとして出席していました。   

    イベントは、アンドレア・ロレンティーニが議長を務める欧州議会とサポート協会である「ヘイゼルの被害者」と「クエッリ・デル・フィァデルフィア88」を後ろに、1985年のヨーロッパ・カップ決勝戦開始前に命を失った39人の犠牲者の追悼のため、再びボードゥアン国王競技場のZ列で開催された。

    欧州議会副大統領アントニオ・タジャーニ、尊敬すべきアルベルト・チリオとスポーツ・ブリュッセル・アラン・クールトア市担当大臣アラン・クルトワもベルギーの首都に出席しました。

    この日の議事録は、「スタジアム警備」をテーマに円卓会議式の会議から始まり、同様に選手とファンの将来の安全を保障するヘイゼルの悲劇からの学習という、セミナーの名称が与えられ、「ヘイゼルの犠牲者とスポーツでの暴力の全ての記憶日」は金曜日の夜にトリノで持たれます。

    30周年のこの日は、ジャンルイジ・ブッフォンとジョルジョ・キエッリーニがイタリア代表のベルギーとの親善試合で39分で止まった事に対し、試合直前に背番号39のユニフォームでイタリア・サッカー協会を代表し象徴的に示しました。

    先月、パオロ・ガリンベルティはチェラスコでの記念日の発表に出席し「Nessuno muore veramente se vive nel cuore di chi resta, per sempre“」(心の中に生き続ける時誰も死なない。永遠に。)としてこの様な事が二度とスポーツの世界で決して起こってはならない更なる願望を示しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK