11.12.2016 17:07 - in: マッチレポート S

      イグアインは、ダービーマッチの喜びに点火

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ゴンサロ・イグアインは、今週2点、3点目となるゴールを挙げ、スタディオ・オリンピコでライバル、トリノに対し十分相応しい3-1の勝利に貢献しました

      ゴンサロ・イグアインの素晴らしい2得点がスタディオ・オリンピコでの143回目のデルビー・デッラ・モーレでトリノに3-1で勝利に導き、ユベントスは日曜日午後にスタイリッシュに危険なシーズンの時期の週を乗り越えました。

      アンドレア・ベロッティの良いポジションからの近距離のヘディングで20分以内に先制点を奪われるも、ハーフタイム前にイグアインが得点を奪い同点で折り返すと、更にボックス内でイグアインが逆転弾を挙げ、ミラレム・ピアニッチが試合を決める追加点を奪い、トリノは白と黒に確実にする権利を保った。

      両チーム、激しいタックルとスピードのプレーで地元対決でユベントスが好む方法では無い形で、数年の対戦でも最も熱心に期待されたダービーマッチが開始した。

      ビアンコネリが主に主導を握ったスタートにも関わらず、最初の一撃はトリノからであった。この直ぐ後、マリオ・マンジュキッチのシュートをゴールキーパーのジョー・ハートが素晴らしいセーブでブロックしたが、16分にトリノは先制点を奪った。

      カウンター攻撃で突入し、ダビデ・ザッパコスタとダニエレ・バゼッリのコンビがボレッティに合わせ、シュテファン・リヒトシュタイナー側からニアポスとへ対角線に頭で会わせた。

      しかし勇ましいユベントスが自分達で同点を得て同点から逆転へ向かいます。マンジュキッチから更なるエキサイトなプレーがあり、右インサイドのポジションから、ボックス内スペースのイグアインへボールが渡ると、ハーフタイム前にハートから得点を奪い今シーズン11ゴール目を奪った。

      前半が終わり、後半が始まり、定期的にポゼッションを奪い合った両チームは、どちらもミスを利用する事が無かった。トリノはチャンスを作りマルコ・ベナッシとイアゴ・ファルケは60分を前にセンターからゴールへ攻撃を進めるも得点を挙げる事は無かった。

      そして15分後、シニシャ・ミハイロビッチ監督のチームはリードを取り戻すチャンスがあるも、アデム・リャイッチのリヒトシュタイナーのインサイドへステップし、トリノは左からシュートもジャンルイジ・ブッフォンのゴールを割る事が出来なかった。

      そしてどこからともなくユベントスは新しいダービーのヒーローを生みます。一見得点にはつながらない、ロングパスがトリノのエリア内に侵入、ディフェンダーのアントニオ・バレッカは躊躇し、スタディオ・オリンピコの1人の選手へ渡りました。

      鼓動の中でイグアインが受け、1タッチでボールを止めると、挑戦からゴール裏のビアンコネリ・ファンを興奮させる低いドライブをゴールへ放ち、4日で3点目となるゴールを挙げユーヴェを有頂天にした。

      リーグ首位にとって楽しい午後となり、イグアインはハートを相手にハットトリックを挙げる事が出来なかったが、ミラレム・ピアニッチがアディショナルタイムに巨大な勝利への追加点を挙げた。

      トリノは白と黒に染まりました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK