29.10.2016 23:02 - in: マッチレポート S

    イグアイン、ユベントス・スタジアムのヒーロー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ゴンサロ・イグアインが、全所属クラブであるナポリに対し得点を挙げビアンコネリは土曜日夜のユベントス・スタジアムで2-1で勝利した

    ゴンサロ・イグアインの前所属クラブであるナポリに対する決勝点で、土曜日夜ユベントス・スタジアムでビアンコネリは、タイトルライバルに対し2-1のドラマチックな勝利を挙げた。

    夏にナポリからトリノへ切り替え、この対戦は、3年で91ゴールを挙げユーヴェ史上クラブ記録の契約となったイグアインが関わる興味深い戦いであった。

    そしてピピータの決定的な、左足の今夜のゴールは、彼の活躍によりユベントスが首位をキープし、翌日試合が行われる2位ローマに対し勝ち点5のリードを広げ、非常に熱いものとなった。

    この試合はシーズンのタイトルに直結とは遠いものです。夢中な前半のチャンスは非常に貴重で、両チーム枠内へのシュートは一本づつとなった。

    ユーヴェの最高の得点機はハーフタイム前にイグアインに訪れました。25分にサミ・ケディラのボールをゴール前に受け、シュートを放つもナポリディフェンスにブロックされた。

    前半ゴール前での躍動が不足していたが、後半早々に起こります。レオナルド・ボヌッチがナポリのクリア失敗を拾いゴール至近距離からシュートし先制点を挙げた。

    しかしビアンコネリのリードは、4分後にホセ・カジェホンがロレンツォ・インシーニェの左ウイングからのクロスをボレーシュート、今シーズン7ゴール目を挙げ同点にします。

    同点になり、ナポリは、ユーヴェのより多くの攻撃に対して上手く対峙した。この試合の見出しの瞬間が起こるまででした。

    70分にケディラへの上がったボールは、頭でクリアされた。しかし無意識にイグアインへのパスとなった。時間が止まったようにピピータの低い弾道のシュートはゴール下角へ、そして得点し事実上の決勝点となり、この試合2度目のチャンスでユーヴェは試合を決めた。

    今回マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達はこのアドバンテージを返される雰囲気はありませんでした。比較的終盤試合をリードし、イグアインは追加点のチャンスもあった。

    ピピータは既に自身の役割をプレーし、ホームファンへ非常に幸せな勝利を届け、ちょうど4日後のチャンピオンズ・リーグ、リヨン戦へ向かいます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK