21.05.2016 23:38 - in: コッパ・イタリア S

      ローマで歴史を作りました

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      延長戦のアルバロ・モラタのゴールでビアンコネリをミラン戦勝利へ導き、クラブは11回目コッパ・イタリア優勝を果たしました

      イタリアのクラブで初となる2シーズン連続で国内リーグ戦とカップ戦2冠達成チームになるべくユベントスは土曜日夜、緊張のコッパ・イタリア決勝でミランを1-0で破り、多くの歴史を作る事となった。

      勝利は、延長戦に交代で入ったアルバロ・モラタのフィールドに入って3分でのゴールによる劇的な形で迎えられた。

      ミランが優勢に戦った前半の後、ユーヴェは後半わずかに自分たちの試合で進めたが、明確なチャンスを引き起こす事が出来ず、この対決で勝利を決めるには延長戦の更なる30分が必要となった。

      事実この試合どこかで、着火点が必要であったが、モラタが109分にマッシミリアーノ・アッレグリ監督により呼ばれ、最も強い形で監督の決断に応えた。そして、彼らが昨シーズンの10回目の優勝を手にしたのと同じように、ビアンコネリに貢献し延長戦での劇的な勝利で11回目のコッパ・イタリア優勝を果たした。

      試合立ち上がりは、クリスティアン・ブロッキ監督の選手達が早々にチャンスを迎え、ジャコモ・ボナヴェントゥーラがネトのニアポスト近くからクロスバーの上へ
      シュートを放ち得点の可能性を持って戦った。

      マッティア・デ・シリオが次に、ロッソネリの運を試し、ボックス外からシュート、そして24分後、生き生きとしたボナヴェントゥーラが低いシュートをゴール角へ放ちネトにセーブを強いた。

      ビアンコネリも自身の相手にとっての前線の危険性を証明し、シュテファン・リヒトシュタイナーが驚異的なクロスを放ち右サイドで強く走るも、アレッシオ・ロマニョーリが最終的には対処した。

      しかし、ファイナル・サードで驚異的に続いたのはミランでした。そしてアンドレア・ポーリが本田圭佑のパスを受け、エリア端からシュートを放つも枠の外へ外れた。

      ビアンコネリは、インターバル後改善しなければならなく、マリオ・レミナとマリオ・マンジュキッチがシュートを放ち、後半新しい目的で始める事を理解していた。そして、この正念場でジャンルイジ・ドンナルンマがシンプルにブロックした。

      ロッソネリはこの恐怖を振り払い前半の攻撃意図を再び主張し、ダヴィデ・カラブリアのクロスを本田がフリックで突進するカルロス・バッカにボールを送った。

      69分に、ユーヴェは均衡を破る瞬間に近づきます。ポール・ポグバのクロスがカラブリアの足に当たり、ニアポストにボールが向かうもドンナルンマが危険を避けるために低いダイブで防いだ。

      この4分後に、ミランのそびえ立つキーパーはレミナのクロスからのリヒトシュタイナーの強力なヘディングを防ぎ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは後半終了まで、ギアを2段階上げた。

      トスカーナの戦術家は、アレックス・サンドロとフアン・クアドラードを投入しビアンコネリの足に大きく生命を吹き込みました。そして、この徴候はドンナルンマを悩ませるには正面であったが、ポグバによる激しい長期的な試みに達した。

      静かな10分は、ロマニョーリが良いポジションからヘディングでシュートを放つ前に続き、延長戦へ道は開かれました。

      両チーム、2度目のリスタートからポグバが102分に右足のシュートを放ちドンナルンマのグローヴを温めるまで、均衡した戦いを演じた。

      ミランも自身の得点のチャンスを、アレックス・サンドロのクリアを拾ったバッカがアクロバティックなシュートでクロスバーに放ち開きました。

      延長戦の中盤、アッレグリ監督はモラタを投入する決断をし、投入3分以内、特別な落ち着きで右からクアドラードのクロスをモラタは合わせて得点という形で身を結びました。

      アディショナル・タイムの3分、ロッソネリは同点を熱心に追い続け、ユーヴェ陣地へ駆り立てたが、終了のホイッスルが鳴るまで堅実に戦い、ビアンコネリは歴史を自分の手から滑り落とす気はありませんした。そして首都で本当に忘れられない夜に、ビアンコネリの歓喜をスパークさせました。

      ユベントス
      ネト, ルガーニ, バルツァッリ, キエッリーニ, リヒトシュタイナー (クアドラード 75), レミナ, エルナネス (モラタ 109), ポグバ, エヴラ (アレックス・サンドロ 62), ディバラ, マンジュキッチ
      未出場控え: ブッフォン, ルビーニョ, パドイン, ストゥラーロ, アサモア, ペレイラ, ザザ
      監督: アッレグリ

      ミラン
      ドンナルンマ, カラブリア, サパタ, ロマニョーリ, デ・シリオ, ポーリ (ニアン 84), モントリーヴォ (J.マウリ 109), クツカ (バロテッリ 111), 本田, ボナヴェントゥーラ, バッカ
      未出場控え: D.ロペス, アッビアーティ, メクセス, アレックス, ボアテング, ロカテッリ, ベルトラッチ, メネス, L.アドリアーノ
      監督: ブロッキ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK