02.11.2016 22:53 - in: マッチレポート S

      ユベントス・スタジアムで引き分け

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ゴンサロ・イグアインの前半のPKでのゴールは、コランタン・トリッソの終盤のヘディングシュートで同点に、ビアンコネリはユベントス・スタジアムで勝点を分け合います

      ユベントスは、ゴンサロ・イグアインの前半のPKで先生もコランタン・トリッソの終盤のヘディングでのゴールで追いつかれ1-1で引き分けチャンピオンズ・リーグベスト16進出に待ったがかかった。

      イグアインがPKで早々にリードを奪い、全ての戦いで今シーズン9点目のゴールを奪うも、ハーフタイム後、改善された後半のリヨンは強力に戦いビアンコネリは引き分けました。

      この夜UCL100回目の出場を達成したジャンルイジ・ブッフォンがこの試合最初の瞬間でクオリティを見せます。8分に自信の足でマチェイ・リブスのシュートを足で素晴らしいセーブを生じた。

      キャプテンの素晴らしいセーブの5分後、ゴンサロ・イグアインがボックス内で倒されユーヴェはPKを得ます。このチャンスは今シーズンのチャンピオンズ・リーグでの2得点目に躊躇なしで利用されました。

      前半中程、クラウディオ・マルキジオからの鋭いハーフボレーからイグアインは2得点目を上げる可能性もあったが、ストライカー・パートナーのマリオ・マンジュキッチの素晴らしい繋ぎからシュートもバーとアントニー・ロペスの上へ超えた。

      後半、リヨンはポゼッションとエリアで最大の比率を楽しんだが、岩のように固いユベントス・バックラインに対して自分自身を探し出そうとした。

      レオナルド・ボヌッチが下がった後、メディ・ベナティアとパトリス・エヴラとディフェンスの中央に加わりアンドレア・バルツァッリが素晴らしくディフェンスを率いマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、均衡した対戦を試合終了へジリジリと進めた。

      しかし最終的にユベントス・スタジアムで85分にリヨンは、コランタン・トリッソがブッフォンからヘディングで得点を奪い同点とした。

      ディナモ・ザグレブに4-0で勝利したセビージャがグループ首位に立ち、ビアンコネリは注意を11月22日南スペインへの遠征へ向けます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK