18.09.2016 20:14 - in: マッチレポート S

      イタリア・ダービー、インテルに軍配

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      シュテファン・リヒトシュタイナーの今シーズン最初の得点もビアンコネリはサンシーロでのインテル戦で2016/17シーズン最初の敗戦を喫した

      ユベントスは、マウロ・イカルディとイヴァン・ペリシッチの得点がシュテファン・リヒトシュタイナーの先制点を逆転、今シーズン最初の負けをサンシーロで今シーズン32試合のセリエA、2試合目となるアウェイ戦で喫した。

      慎重にタイトに戦われた前半、ハーフタイム後活気を取り戻し、リヒトシュタイナーが先制点も、10分でイカルディとペリシッチが試合を決め、インテルが167試合目となるイタリア・ダービーを制した。

      フランク・デ・ブール監督のチームは、エベル・バネガが2枚のイエローカードで退場し10人となったが、最終的にビアンコネリがこの試合4ゴール目を終盤奪う事ができず、退場はほとんど重要ではありませんでした。

      早くからポゼッションをインテル対して誇り、ユベントスは良いスタートを切りました。そしてサミ・ケディラが、裏を取るもオフサイドの判定、そしてパウロ・ディバラのシュートはブロックされた。

      それから30分、ケディラがアレックス・サンドロの素晴らしい左からのクロスをヘディングシュートで得点のチャンスとなるも、サミル・ハンダノヴィッチの正面。そしてインテルは35分にイカルディが鋭いシュートを放った。

      このプレー後、ビアンコネリはミラレム・ピアニッチのシュートはハンダノヴィッチが触れゴールにならず、アンラッキーが続きます。

      インテルが後半を強くスタートしたが、66分にユベントスがアレックス・サンドロのスラロームからボックス内6ヤードでリヒトシュタイナーが得点を奪いリードした。

      今シーズンのリヒトシュタイナーのゴールをセレブレーションした直後、イカルディが1分後に頭でコーナーから得点し、11分以内にビアンコネリは、ペリシッチのベントスタート後最初のタッチとなるバックポスト・ヘッドで得点しビハインドとなった。

      終盤ユーヴェは同点へ強く戦い、途中投入されたゴンサロ・イグアインは、アレックス・サンドロの良いオフェンス・ワークから頭で合わせるもゴールならず。最終的に7試合で最初のインテルのホーム勝利となった。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK