22.03.2016 12:00 - in: イベント S

      J-レジェンズのプレビュー

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      上海に到着したJ-レジェンズと同時に、ダビド・トレセゲとジャンルカ・ペソットは金曜日のLuvFansカップ・フォーエバー・レジェンズ・フレンドリー・マッチへ記者会見を開いた

      長い旅の後ユベントス・レジェンズは、現地時間火曜日12:00頃上海に到着しました。
      ファンからの空港で暖かい歓迎の後、週のイベントへ、虹口フットボール・スタジアム(現地時間19:30キックオフ)で金曜日のLuvFansカップ・フォーエバー・レジェンズ・フレンドリー・マッチへの記者会見で本格的に中国の冒険を開始するために元ビアンコネリの偉大なチームはホテルへ向かいました。

      「まず、我々が上海にいることは名誉です」と、ユベントス・レジェンズの会長ダビド・トレセゲは切り出しました。
      「私はまた、彼らのキャリアから多くに勝利してきた真のチャンピオンのチームに入れて嬉しいです。

      我々は良く金曜日に備えましたし、非常に上手く戦い、面白い試合を確実にようと思っています。
      我々はビアンコネリの歴史の重要な部分を代表します、そして我々は中国の人々にクラブの傑出した過去の一部を示すためにこのイベントを最大限に活用します。

      我々はユーヴェのサポーターの多くが中国にいることを知っていますし、我々にとって国との我々の関係の将来への成長は非常に重要です。
      我々はそれがサポーターにとって何を意味をするのか理解していますし、ここでの試合が最後にならないよう望みます。」

      トレゼゲの強くなる機会へ喜びを共有、ユベントス・レジェンズの監督ジャンルカ・ペソットがビアンコネリと中国に関して続きました。

      「ここにいることはものすごい満足感があります。」と話しました。「我々が全体として上海と中国に大きいファン・ベースと近づくのを許す非常に重要な試合です。
      これはユベントス・ブランドだけでなく、中国のフットボールの発展のためのより大きなプロジェクトの一部をなします。

      「我々はこの成長へ貢献を与えることができ満足ですし、金曜日に素晴らしいショーを行うことができることを望みます。そして、全員に楽しみと興奮を見させます。

      「私は副会長パベル・ネドベドの尊重をパスします。彼は別件でここによることができませんでした。
      SKスラヴィア・プラハ主催の若手トーナメントのために、現在プラハにいます、そこで彼はそこれ中国のプレジデントに会います。
      しかし、彼は祝宴に参加するために我々と上海にいることを望みます。」

      記者会見をLuvfans広報事務局のカレン・ミヤナガさん締めくくりました。
      「ユベントスは、世界のトップクラブの1つです。
      我々は、フットボール、商用、組織のレベル全てを彼らの経験から多くを学ぶことができます。
      ファンにとって、大イベントであると約束します。我々は、このスポーツで働くことができて非常に満足です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK