07.12.2016 23:00 - in: マッチレポート S

    ディナモ戦の仕事を終える

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    グループHを首位で終えるため水曜日にディナモ・ザグレブを、ゴンサロ・イグアイン、ダニエレ・ルガーニの後半のゴールでビアンコネリは勝利した

    ユベントスは、水曜日夜、ユベントス・スタジアムでゴンサロ・イグアインとダニエレ・ルガーニの後半のゴールで2-0ディナモ・ザグレブに勝利し、グループリーグ勝者としてチャンピオンズ・リーグ、ノックアウト・ステージ突破資格を得ました。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、試合前の記者会見で開始の笛から多くの目的をもってプレーするように主張し、正確に選手達はそれを果たし、開始6分以内にイグアインが相手キーパードミニク・リヴァコヴィッチにセーブを強い、ミラレム・ピアニッチが、開始から距離のあるシュートを枠の数フィート外へ放った。

    ビアンコネリは、残りハーフを攻め続けたが、ディナモは、ユベントスの極めて少ない明確なチャンスを下げていた。そして最高のチャンスは32分にピアニッチが、フリーキックを放ち、相手キーパーのグラブをはじき、至近距離のヘディングでもリヴァコヴィッチを襲うも得点にはならなかった。

    同点でハーフタイムを迎え、ユーヴェが後半序盤に必要なゴールを手にするまでに長くかかりませんでした。ピピータの基準でかなり静かであった序盤に耐えて、52分に本物のクオリティの瞬間を作り、ボックス端から得点を奪い、サポーターを歓喜に入れ、今シーズンのチャンピオンズ・リーグで3ゴール目を手にした。

    ビアンコネリは、試合をコントロールし、マリオ・レミナが1点目の直後、シュートを放ちサイドネットを揺らし2点のリードに近づいた。ルガーニが72分にコーナーから至近距離で頭で合わせ2点目を奪い勝ち点3を実質的に確実にし、彼の2点目は週末のアタランタ戦に続くゴールとなった。

    プレー時間残り15分で祝うさらなる理由がありました。パウロ・ディバラが10月終盤のミラン戦での怪我以来最初の出場となり、サポーターはディバラの最初はブロックされ2本目は枠を外れた左足の2本のロングシュートを見ることができました。

    2ゴール、無失点が最終結果、ホームでのUEFAの戦いで20試合不敗記録を立て、同都市ライバル、トリノとのデルビー・デッラ・モーレへ勢いを持ち臨みます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK