30.03.2016 17:00 - in: ジュニア S

      ジュニア・ジャーナリスト・ミート・モラタ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アルバロ・モラタは、ヴィノーヴォで18人のビアンコネリの子供達に記者会見を開いた

      直近の国際試合中断期間にスペイン代表として戦った後、昨日今週の最初のトレーニング・セッションでヴィノーヴォに戻ったアルバロ・モラタの予定は、確実に忙しかったです。

      この日の午後モラタの前に18人のジュニア・メンバーが待っており、彼らはジュニア・レポーター・コンテストを通過し彼らのヒーローに質問を出す機会を得ました。

      ロッカールームでのフレンドシップから、料理の技術、ビアンコネロでのお気に入りのゴールまで、モラタはユベントス・メディア・センターでユベントス・スタジアムでの試合日の時の慣れと同じ様に答えました。

      どんな騒ぎ無しに、プロのフットボール選手として成功する方法についてのアドバイスを、若いユベンティーニがモラタに求めました。

      テクニック、戦術とフィットネスは勿論全てを助けますが、モラタは全ての内で最も重要な面に集中したがっていました。
      「美しい試合をし楽しむ事。」

      モラタは2014年7月にレアル・マドリッドから移籍以来、ビッグマッチを戦ってきましたが、特に目立つ試合があります。2015年チャンピオンズ・リーグ決勝バルセロナ戦です。

      どの試合をもう一度戦えるなら戦いたいかを尋ねられ、勝利得て終わりたいという事で、昨夏のこの試合が驚きも無く彼の答えでした。

      チャンピオンズ・リーグでの7得点でビアンコネロで最高の瞬間がモラタに多くあり、ヨーロッパでのトップクラブの争いで自身のプレーからお気に入りのゴールを答えました。

      モラタは試合において自分の道を切り開くことを望、多くの若手の人生の手本となっている事と同様に、トリノへ写ると同時に多くの選手を見上げる前、マドリッドで成長していた時代はラウルとクリスティアーノ・ロナウドの影響を受けたと主張しました。

      「私は、ストライカーとして特にテベスから多くを学びましたが、他のポジションの選手、例えばブッフォン、ピルロ、ポグバ、マルキジオ等々からも学びました。」

      クラブのどのチームメイトが親友かという話題に注意を移し、モラタはチームの選手の誰とでも上手くやっているという事を強調し、特にストライカー・パートナーのシモーネ・ザザについて話しました。イタリア代表ドワードは現在モラタのお気に入りの番号である7番をつけています、冗談で自身の9番ど交換する提案をした事を話しました。

      記者会見が続き、単に選手としてのモラタだけで無く、食べ物に関しての好みへ関心が移りました。マドリッド出身で、「ハモン」への愛情が予想されましたが、パスタとピザという様なイタリアの伝統的な食事がお気に入りのリストで急上昇している事をサポーターに保証しました。

      モラタ自身の個々の趣味を評価する間、チームにおける成功の鍵は常に他を助ける為に出来る事をするという事だと話しました。

      「本当にチームの為に動くには、各々のメンバーがチームで同じ方向に動く為にそれぞれを助ける必要があります。これはユベントスでは明確です。まるで自分自身のゴールかの様に全員がお互いのゴールを喜びます!これはただのフットボールクラブではなく、家族です。」

      ここで子供達のビアンコネリ・ジャーナリストが出てきた様に、ジュニア・メンバーシップには、コンテストに参加し選手へ質問をする機会があります。こちらのページから参加してください。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK