20.05.2016 13:00 - in: コッパ・イタリア S

    ユーヴェとカップ戦:偉大な愛の物語

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    10回優勝、前回優勝チーム、2連続国内2冠の望み。コッパ・イタリア決勝ビアンコネリ最新戦いの背景に十分経歴が多くあります…

    昨シーズン、10回目の勝利を挙げ、イタリアでのカップ戦で20年の無冠を終わらせました。

    ビアンコネリの記録破りの10回目のトロフィーから正確に1年、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達は、11回のカップ戦タイトルという自身の記録を延ばすだけでなく、もう一度ローマのスタディオ・オリンピコで歴史を残す準備をしています。セリエAとコッパ・イタリア二冠を連続で獲得したクラブはいません。

    潜在的に先例のない記録の直前に、Juventus.comは、コッパ・イタリアでのユベントスの広範囲な熱狂に戻ると見て、首都での運命のミラン戦への舞台を用意します。

    初優勝!

    1938: ユベントス 5-2 トリノ (agg.)

    歴史はどこかで始まる必要があります、そして、それが始まる時、地元ライバルとの対戦での達成?

    今シーズン、最終的に歴史を作るタイトルを達成しそうなビアンコネリのコッパ・イタリア防衛の初戦はトリノに対する勝利でした、偶然にも80年前のユーヴェ最初の決勝戦勝利での対戦相手もトリノでした。

    現在のこのシーズンと同様に、ビアンコネリは準決勝でタイトル・ライバルで少ない失点で1点差でセリエA首都なっていたインテルを破り、トリノとの2レグの対決となった。

    スタディオ・フィラデフィリアでの最初の対戦で、ハーフタイム10分前サビノ・ベッリーニの先制後、トリノのウォルター・ドドリーコが同点に追いついた。
    残り18分、ロドヴィコ・デフィリピスはトリノに1点を加えたが、ベッリーニがユーヴェの2点目、3点目を奪い、ユーヴェはトロフィへ、拍手を1つ与えた。

    トリノは1週後に本格的にリターン・レグを戦い、そして勇ましい逆転を試み、フィオラヴァンテ・バルディのシュートから進みました。

    しかし、グリエルモ・ガベット、ユベントスのセリエAでのトップ得点者でオールタイム・マークスメンは、瞬時に前半2得点をコントロールし、トリノの半分である白と黒のホームへカップをもたらした。

    オールド・レディとデビルズ(ラウンド1)

    1942: ユベントス 5-2 ミラン (agg.)

    ユベントス2回目のコッパ・イタリア・タイトルでのミランとの2試合の最初の戦いは、丁度4年後で同じく5-2という最終結果となった。
    ビアンコネリ初の決勝となったトリノ戦と異なり、1942年の勝利は2試合著しく異なる戦いの物語でした。

    ユベントスとミランは22回コッパ・イタリアで戦っており、ビアンコネリが8勝7引き分けです。この2チームは3度決勝で戦い、2度ユーヴェが勝利しています。

    決勝戦スペシャリストであるベッリーニのおかげで思いがけずサンシーロでの戦いを1-1とし、急進的に向上するパフォーマンだけがチャンピオンにするという知識で、ルイス・モンティ監督の選手達は、ホームでのリターン・レグにアプローチしました。1941/42シーズン最も多くの得点を挙げた外国人選手リッツァ・ルシュタの決定的なハットトリックが試合を確率した。

    セルビア人は1点を前半に2点を後半に挙げ、ミランへ剣を置き、簡単にプレーするため、30分で3-2のビハインドを取り戻す戦いのチャンスを与えました。

    ルシュタの試合を決める3点目は、コッパ・イタリアでの8得点を挙げるメインゴーラーとしてキャンペーンを終えた。

    ビアンコネリの2連覇

    1958/59: インテル 1-4 ユベントス

    オマール・シボリとジョン・チャールズはビアンコネリの2連続コッパ・イタリア・タイトル獲得最後の時のストライカー・ペアでした。そして、代表的にレジェンズの2人は、1959年と1960年のインテル戦で消える事の出来ない得点を残しています。

    後者がサンシーロでチームのアドバンテージを引き渡し、ウェールズ人に取って2試合全体で3得点の最初のゴールとなり、セルジオ・チェルヴァートのゴールと共にで2-1のアドバンテージでユーヴェはインターバルに突入した。

    シボリは、リスタートの数分後に得点し、チェルヴァート自身の2得点目をPKで挙げると2点差を更に広げ、17年待った栄光を掴んだ。

    1959/60: ユベントス 3-2 フィオレンティーナ (aet.)

    1960年の戦いは、大会の歴史で最も面白くはらはらするコッパ・イタリア決勝の1つでした。

    チャールズが距離のある真のイナズマ・シュートで、レナト・チェザリーニ監督の選手に早々にリードを与えました。:

    しかし、フィオレンティーナのミゲル・モントゥオーリとディノ・ダ・コスタがハーフタイムと通じネットを揺らしスコアを与えました。

    ユベントスは敗北が目の前に迫り、チャールズが得点を挙げ、延長戦へ持ち込みます。

    両チーム疲労が見え始め、フィオレンティーナのセンターバック、アルベルト・オルツァンは97分に自身のチームのネットを揺らしてしまい、ユベントスはコッパ・イタリア・タイトルを2連続で確保した。

    勝ち目のない戦い

    1965: ユベントス 1-0 インテル

    ヨーロッパ・チャンピオン、インテルは、失意の4位でセリエAシーズンを終えたユベントスに対し、優勝候補として決勝に近づきました。

    しかし、ビアンコネリは試合前の脚本通りには戦わず、ジャンパオロ・メニケッリがゴールキーパーのミスから得点を奪った。

    挑戦的なジャンカルロ・ベレチェリーノ、エルネスト・カスターノ、サンドロ・サルバドーレのディフェンス・トリオを持つエリベルト・エレーラ監督のチームは、インテルの攻撃の並を試合を通し弾いた。

    また、守備の最後のライン、ロベルト・アンツォーリンは対戦後に自身の気概を示しユベントスが予想外の決勝戦に勝利した。

    ブリオとカウシーオの救出
    セルジオ・ブリオ
    フランコ・カウシーオ

    1979: ユベントス 2-1 パレルモ (aet.)

    セリエAとチャンピオンズ・リーグで勝利する事が出来なかったにも関わらず、ジョバンニ・トラパットーニのユベントスは、偉大なコッパ・イタリアを楽しみました。そして決勝への道でフィオレンティーナとインテルという優勝候補に勝利しました。

    6度目の優勝を阻むのは、勝ち目のない戦いパレルモでした。そして、彼らは、守備の混乱からヴィト・キメンティが空のゴールへわずか60秒で得点し、意外なリードを奪いました。
    そして、セルジオ・ブリオが83分に得点し、延長時間へ持ち込むと、古典的なビアンコネリの反撃を行ないます。

    PKが迫るも、フランコ・カウシーオが、ロングボールをボックス内でうけ、ウインガーがゴール下角へ決定的な決勝点を奪い勝利した。

    セブンス・ヘブン

    1983: エラス・ヴェローナ 2-3 ユベントス (agg.)

    1983年の決勝戦は、7勝4引き分けと無敗記録でのアプローチとなったユベントスは、エラス・ヴェローナの2人ドメニコ・ペンツォとドメニコ・ボルパティのゴールというファーストレグからの山登りの戦いとなった。

    3日後のスタディオ・コムナーレでの戦い、ユベントスは電車のように始まり、8分にパオロ・ロッシが近距離から得点を挙げた。

    それから、ビアンコネリは非常に重要な同点へ苦渋の待機をうけたが、ミシェル・プラティニが、クラウディオ・ガレッラから81分にゴールを奪い意気揚々を提供した。

    延長戦でのエネルギー消費が続き、両チームのディフェンスはライン上で自分の身体全てを使いカップ戦の心痛を防いだ。時が更に下り、左バック・アントニオ・カブリーニは、流れてきたヴェローナのパスを捕え、素早く2,3のマークを外し、プラティニへホームのファンを興奮させる魅力的なクロスを放ち決勝点。

    この60秒後に終了の笛が吹かれ、トラパットーニ監督のチームが最も劇的な7回目のカップ・タイトルを獲得しました。

    オールド・レディとデビルズ(ラウンド2)

    1990: ユベントス 1-0 ミラン (agg.)

    特定の年齢のユベントス・ファンにとって、キャプテン、ステファノ・タッコーニがコッパ・イタリアのトロフィーを高くミラノの空に掲げる光景は記憶に長く残るものです。そして特に2回戦でゴールキーパーは衝撃的なパフォーマンスを残しました。

    トリノのスタディオ・コムナーレで単調のスコアレスドローの後、直ぐにUEFAカップ・チャンピオンになるために、アリゴ・サッキ監督の支配的なロッソネリに勝利するため、ユーヴェは新しくなったサンシーロで素晴らしいチーム・パフォーマンスを残しました。

    ロベルト・ガリアのゴール、タッコーニのセーブ、試合後のセレブレーション、伝説の要素です。

    2冠#1:ポリーニとラバネッリ

    1994/95: ユベントス 3-0 パルマ (agg.)

    ユベントス対パルマは1990年代のイタリア・カルチョを照らした戦いでした。セリエAで肩を並べ定期的に争い、パルマがユベントスの辛うじてスクデットに勝利した後同点にし、UEFAカップ決勝でも戦いました。

    1995年の決勝で両チーム2冠のチャンス、クラブの歴史で初めてリーグ戦とカップ戦を獲得するためのビッグステージで永遠の信頼を示したのはユーヴェでした。

    スタディオ・デッレ・アルピのファースト・レグの間、前のガリアのように、エミリアロマーニャに向かうためのチームでアドバンテージを与えるのが最も重要という場面で、ストッパーのセルジオ・ポリーニはクラブでの初ゴールを挙げた。

    ロンドン・バスのように、ビアンコネリの傑出した歴史上9回目のカップ戦勝利は、ファブリツィオ・ラバネッリがリスタートの直後に得点を挙げ、ポリーニは26分後に2得点目を手にした。
    しかし、最高はここまでにまだ来てはいませんでした。

    2冠#2:キエッリーニとマトリ

    2015: ユベントス 2-1 ラツィオ (aet.)

    10回目の優勝。

    既に33回目のイタリア・チャンピオンとなり、歴史を作る10回目のコッパ・イタリア・タイトルに対する1視線を持ちローマへ向かったマッシミリアーノ・アッレグリ監督のユベントスは、2週間後のバルセロナとのチャンピオンズ・リーグ決勝での3冠を目指して戦った。

    首都のクラブ、ラツィオはセリエA3位からのアプローチ、ステファン・ラドゥが先制しリードします。

    非常に大切な同点弾を奪うには長くかからなかった。ジョルジョ・キエッリーニがパトリス・エヴラの頭で落としたボールを素晴らしく完璧にゴールへ収めた。

    延長戦に入り、アレッサンドロ・マトリが次に何を起こしたかを思い出すのに十分です。

    ほぼ1年前から、11回目のコッパ・イタリア勝利がより劇的で納得のいくスタイルで行なわれる事をビアンコネリは望みます。

    だが、以前の10回の堅く、激しく、はらはらさせるクオリティから、この楽しみは何でしょう?

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK