10.01.2016 23:17 - in: マッチレポート S

      重要なサンプドリア戦勝利

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、マラッシで2-1でサンプドリアを負かしセリエA9連勝を手にした

      ユベントスはハードワークで9連続リーグ戦勝利を戦い、夕方のジェノバ、ルイジ・フェラリスで勇敢なサンプドリアに立ち向かい2-1で勝利した。

      ビアンコネリは17分に良い立ち上がりへ得点を、ポール・ポグバがレオナルド・ボヌッチのボールを受け、ゴール角低い位置にシュートを放ち先制した。

      後半開始1分後にユベントスは2点目を喜びます。サミ・ケディラがパウロ・ディバラの素晴らしいスルーパスを受けエミリアーノ・ヴィヴィアーノからゴールを奪いました。

      しかし、アントニオ・カッサーノの64分ゴールは試合終盤へ神経質な物をもたらしたが、順位を2位に上げる重要な勝利の為マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは持ちこたえました。

      ユベントスは、リーグ戦8連勝を達成したという自身で試合を開始し、相手陣地でパスを回しポゼッションを前半67%と支配した。

      試合開始最初の枠内へのシュートは開始9分に長い距離からポグバが放ったが、ヴィヴィアーノからゴールを奪う事は出来なかった。

      次に同じ様に8分後に、ポグバがシュートを放ちます。ボヌッチがポグバへパスを送ると、ヴィヴィアーノのファーポスト内側低くへ正確にボールを左足のボレーを放ち、機敏さを示します。
      これがゴールとなり、ポグバは今シーズン9月のマラッシでのジェノア戦に続く2得点目となり全ての大会で5ゴール目となった。

      1分未満前に、エルナネスはシュートを放つもヴィヴィアーノが確実にセーブ。前半の残り時間の間、チャンスが訪れつづけパウロ・ディバラが得点を奪うためで着るだけの事をサンプドリアディフェンス陣へ仕掛けます。
      34分に、ディバラはボックスの奥へ決定的なフリーキックを放ちました。ハーフタイム前には、ユーヴェの7本のコーナキックでヴィヴィアーノを襲いました。

      サンプドリアには、前半2、3の僅かなチャンスしかなく、フェルナンドがペナルティエリア端のセットプレーからフェルナンドがシュートもビアンコネリの壁が阻み、カルロス・カルボネーロのシュートは枠を外れ、ジジ・ブッフォンは殆どゴールを脅かされる事無く、ハーフタイムに突入した。

      一方相手キーパーは、後半開始1分後にボールでネットを揺らすのを許します。

      これまで、活発な前線でディバラがクオリティを明らかにし、落ち着いてケディラの足元へボールを通し鮮やかにサンプドリアの守備を分断し、冷静にケディラはヴィヴィアーノからゴールを奪いました。

      アッレグリ監督のチームは、60分まで優勢を保ち続け、ポグバとエルナネスのシュートは枠を外れたもののディバラの決定的なミドルシュートと共にヴィヴィアーノへ得点の危機を強いた。

      一方ピッチ反対側では、エデルはカッサーノの強烈なクロスを頭で合わせ攻撃のスタートを切りました。

      63分にアルバロ・モラタは、狙い通りのエルナネスの正確なクロスからチームのリードを増やす絶好機も決めきれず。

      そして、ユーヴェは1分後失点をしています。カッサーノがマッティア・カッサーニ右のサイドでの良いプレーの後、すばらしいゴールを幸運にも挙げます。

      このポイントからサンプドリアに勢いをもたらし、フェルナンドのシュートはブッフォンを叩きポストへ、同点へ近づきそうになった。

      多くの点で快適さを求めるため、サンプドリアの更なる攻撃を防ぐため、ユベントスは油断を許せませんでした。その一方で、ユーヴェ自身は更なるチャンスを作りました。パトリス・エヴラのシュートはヴィヴィアーノの手に当たりゴールをそれました。

      モンテッラ監督のチームは同点へ諦めません。エルヴィン・ズカノヴィッチの近距離でのヘディングはゴールを越え、フェルナンドのアディショナルタイムのシュートは、ブッフォンが防いだ。

      ビアンコネリがここまでのシーズンで勝利した試合で最も難しい戦いであり、深く守備を行なったことを疑う事はありませんが、この対戦でユーヴェは重要な順位の上昇を達成した。

      次のアウェイ戦はウディネーゼとの戦いです。そこでアッレグリ監督は、より良いチャンスを望み緊張する事なく2週連続の戦いに臨みます。

      ユベントス

      ブッフォン; ルガーニ, ボヌッチ, キエッリーニ; リヒトシュタイナー (クアドラード 66), ケディラ, エルナネス, ポグバ, エヴラ; モラタ (ザザ 77), ディバラ (パドイン 89)

      未出場控え: ネト, アウデーロ, カセレス, アレックス・サンドロ, ヴィッターレ, アサモア, ストゥラーロ
      監督: アッレグリ

      サンプドリア

      ヴィヴィアーノ; カッサーニ, モイサンデル, ズカノヴィッチ, レジーニ; ペレイラ (ムリエル 73), フェルナンド, ソリアーノ (イワン 37); カルボネロ, カッサーノ, エデル (ロドリゲス 85)

      未出場控え: プッジョーニ, ブリニョーリ, ペレイラ, コーダ, パロンボ, フリストドゥロプーロス, コレア, クルスティチッチ
      監督: モンテッラ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK