23.02.2016 23:08 - in: マッチレポート S

    ユーヴェ、追いつきバイエルン戦を引き分け

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、火曜日のチャンピオンズ・リーグ、ベスト16ファースト・レグ、ユベントス・スタジアムでのバイエルン・ミュンヘン戦で2点ビハインドから追いつき2-2で引き分けた

    ユベントスは、ユベントス・スタジアムでのベスト16ファースト・レグで力強いバイエルン・ミュンヘンに対し2点ビハインドから2-2追いつく対戦を行い、チャンピオンズ・リーグ準々決勝へ進出する可能性を保ちました。

    前半71%のポゼッションをコントロールし、開始から大半をバイエルンが支配した。トーマス・ミュラーがハーフタイムの2分前に先制点を奪うまでバイエルンはこれを最大限に活用することはできませんでした。

    後半開始10分後に、アリエン・ロッベンがペップ・グァルディオラ監督のチームへ2点目のアウェイゴールを奪い、ユベントスの問題は悪化しました。

    全ての間違った理由の分岐点という意味でビアンコネリが逆境に直面して成功しました。そして、マリオ・マンジュキッチからの素晴らしいプレーの後、63分にパウロ・ディバラがクールなフィニッシュで反撃を開始しました。

    そして、ユベントスは攻撃を続け、来月のミュンヘンでのリターン・レグへ体制を整える同点弾がアルバロ・モラタのセンターへのボールからステファノ・ストゥラーロが77分に同点弾を挙げた。

    先週末に筋肉損傷から回復した後にこの試合で先発したマンジュキッチは1分以内にゴールを狙いました。しかし、マンジュキッチのシュートは、ペナルティエリア端から放たれるも、マニュエル・ノイヤーからゴールを奪うには力が足りませんでした。

    立ち上がりの恐怖を耐え抜き、バイエルンはボールをパスし始め、ペースを上げ素早くチャンスに繋げます。アルテゥーロ・ビダルが前所属クラブへ距離あるシュートを猛烈に放つもジジ・ブッフォンが安定したセービングを賢明に得ます。

    表面上まくしたてるグァルディオラの攻撃的なシステムで、ユーヴェは長い時間ボールを追いかけ、多くのチャンスを与え続けました。
    12分にはカウンターアタックでディバラの左からの良いクロスをマンジュキッチがファーポストで受けるも上手く繋げる事が出来なかった。

    丁度1分後、バイエルンはここまでの試合でベストのチャンスが訪れ、ロベルト・レヴァンドフスキがブッフォンと1対1となり、より良いポジションのミュラーへ渡るもレオナルド・ボヌッチがボールがゴールラインに到達する前にクリアーした。

    すぐ後に、ボヌッチは自身で反対のピッチでクラウディオ・マルキジオのフリーキックを頭で合わせるも、ノイアーが防いだ。

    しかしユベントスの最優先事項はディフェンスで、再びバイエルンが攻撃をしかけロッベンのハーフボレーはクロスバーの上を越えた。

    30分にさしかかり、ブッフォンが距離のあるファン・ベルナトの鋭いシュートを受け流し、バイエルンは先制点への可能性を示します。
    このプレーの後レヴァンドフスキの正確なヘディングをブッフォンが再びセーブした。

    ユベントスはピッチ中央でポール・ポグバが強いプレーを入れ、力強くトリッキーに数回のチャレンジをフォワードへパスする前に行ないます。
    41分に、ポグバがディバラに繋ぎ、ディバラはゴールマウスに危機を与えコーナーに繋ぐもリードを奪う事が出来ませんでした。

    一方バイエルンは、攻撃の圧力を緩める事無く、ドウグラス・コスタのクロスの跳ね返りをボヌッチからミュラーがゴール角へシュートを納め43分に均衡を破ります。

    ハーフタイム直前の失点の失望を払いのけるためマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、バイエルンのペナルティーエリア内外で素早くパスを動かし、強く後半を戦い始めました。

    しかし、後半開始10分半分に、ロッベンが右サイドからカットインし、左足のシュートを放つとブッフォンがファーポストで止める事が出来ず、ユベントスは2点のビハインドとなった。

    落ち込む状態からはほど遠く、ビアンコネリは必死にポジティブな反応をしめし、バイエルンに対し反撃を行い、ゴールへ繋がりそうな信頼でプレーしました。

    そして、ディバラが63分にマンジュキッチのスマートなパスを受けノイアーからゴールを奪い失点減らすと、取り戻された望みと楽観で同点へ追い続けるに値するものとなった。

    前半の際立った試合と正反対のものになり、ユーヴェは追いつくためにしっかりとしたチームとなった。そして、次の5分以内に2、3のチャンスで同点の寸前となった。最初のフアン・クアドラードが、マンジュキッチの素晴らしいパスを受けシュートもノイヤーがキャッチ、そしてポグバがマーカーを抜きシュートを放つもトップコーナーを越えました。

    バイエルンはブッフォンのゴールへどんなシュートも形作ることが出来ず、試合は完全に変わり、ノイヤーの方がより忙しいキーパーとなった。

    76分に、ノイアーは自身のネットをボールが揺らすのを観ました。残り7分でストゥラーロがピッチに現れ、ボックス内へ飛び込みモラタのクロスをゴールに押し込み同点に。

    ホーム観客の大きな声に後押しされ、ユーヴェは逆転ゴールを求めるも、ポグバのヘディングはバーを越えた。その一方でバイエルンは攻撃の脅威を失いませんでした。バイエルンの非常に恐ろしい終盤のゴールを防ぐためバックラインが耐えた。

    アッレグリ監督は、コントロールされた試合からチームの賞賛に値する反撃でリターン・レグつながったプレーとなったこと励まされます。
    危うくも強く求めるチャンピオンズ・リーグ準々決勝点へ、戦うクオリティがアリアンツ・アレーナへの3週間後のアウェイ戦で確実になります。

    ユベントス

    ブッフォン, リヒトシュタイナー, バルツァッリ, ボヌッチ, エヴラ, クアドラード, ケディラ (ストゥラーロ 69), マルキジオ (エルナネス 46), ポグバ, マンジュキッチ, ディバラ (モラタ 75)

    未出場控え: ネト, ルガーニ, ペレイラ, ザザ

    監督: アッレグリ

     
    バイエルン・ミュンヘン

    ノイアー, ラーム, キミッヒ, アラバ, ベルナト (ベナティア 74), ミュラー, ビダル, ティアゴ, ロッベン, レヴァンドフスキ, コスタ (リベリー 84)

    未出場控え: ウルライヒ, ラフィーニャ, アロンソ, ゲッツェ, コマン

    監督: グアルディオラ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK