16.03.2016 23:55 - in: マッチレポート S

    ユベントス、顔を上げ退陣

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    バイエルン・ミュンヘンはビアンコネリとのベスト16、セカンド・レグでアリアンツ・アレーナで延長の末4-2で勝利した。

    ビアンコネリの水曜日夜バイエルンでの勇気あるパフォーマンスは、バイエルン・ミュンヘンを2分以内で打つ様に見えたが、バイエルンの延長戦の2ゴールはチャンピオンズ・リーグ準々決勝進出となる4-2の勝利を確実とした。

    ファースト・レグの劇的な2-2の引き分けから、開始6分にポール・ポグバがチャンピオンズ・リーグでの初ゴールを収めリードを奪うと、ユベントスの序盤は明るいスタートとなった。

    バイエルンは同点に向け前へ出てきたので、ビアンコネリは常にバイエルンの攻撃という危険に晒されるも28分にアルバロ・モラタが巧みな反撃でピッチ上でボールを保持し、フアン・クアドラードへボールを入れるとマヌエル・ノイアーからゴールを奪った。

    ハーフタイム前にクアドラードはユベントスのほぼほぼ3点目となるシュートを放つもノイアーが止め、インターバル後モラタのシュートはダヴィド・アラバによりクロスバーの上に逸らされた。

    後半の残りに、ペップ・グァルディオラ監督の選手たちは持続的に攻撃の圧をかけ、最終的に72分にロベルト・レヴァンドフスキが頭で、そしてトーマス・ミュラーが同点にすると、試合を更に30分延長させました。

    延長戦前の25分で勢いに乗ったバイエルンは、ティアゴ・アルカンタラとキングスレー・コマンのゴールで最終的に勝利を手にし、金曜日準々決勝への切符を手にしました。

    少なくともこの夜一点を奪う必要があることを知っていたビアンコネリは、立ち上がりを前のめりに戦い、特にポグバは前のポジションを占有した。そしてちょうど6分にアラバとノイアー間の混乱の後、冷静にボールをゴール角へ押し込みました。

    すでに攻撃をしなけばいけない運命で、モラタが15分にクロスバーを超えるシュートを放つ前に、端から端のシュートがあり、ミュラーのシュートがジジ・ブッフォンの腕に収まり失点を防ぎました。

    22分にサミ・ケディラがピッチで押し上げ、ジョシュア・キミッヒからボールを奪い、モラタがノイアーを超えるチップシュートを放ちユベントスは2点のリードに非常に近づくも、このシュートは最後のディフェンダーとの数センチ間でオフサイドとなった、

    しかしちょうど6分後に、モラタ自身がユベントスの2点目に不可欠な役割を果たします。バイエルンの4選手を引きつけ深くハーフからノイアーのペナルティエリアまでボールを運ぶと、このボールをクアドラードへパスを送ります。クアドラードはメディ・ベナティアをかわし正確にニアポスト中にボールを射止めました。

    バイエルンがハーフタイムの前に失点を減らそうとし、ブッフォンは42分にヒーローとなるプレーを残します。レヴァンドフスキの正確なシュートをブロックするために低く左へダイブした。

    ちょうど2分後に、ノイアーもクアドラードのこの日2点目となりそうなシュートを防ぐために驚異的なプレーを示し、ビアンコネリのウイングのプレーをブロックしました。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、モラタがボックス左サイドから争い後半を立ち上がりを開始した。しかし最終的なシュートはノイアーを悩ませるには力不足でした。

    対照的に彼の努力は数分続き、良く戦ったが、アラバの足でゴールバー上数インチ逸らされた。

    ユベントスのプレスとポゼッションでバイエルンは明確なチャンスを作ることができませんでした。そしてブッフォンはフランク・リベリーの厳しいクロスとトーマス・ミュラーの距離のあるシュートを快適にキャッチしました。

    しかし73分に、レヴァンドフスキがドウグラス・コスタのクロスをボックス内6ヤードからトップコーナーへボールを入れ、ユベントスの抵抗に一矢を報いた。

    ここから、ペップ・グァルディオラ監督のチームは同点への追求において上げてきました。そしてビアンコネリの頑丈なディフェンスからミュラーがファーポストでのヘディングでユベントスの心臓を砕き延長戦へ導き巻いた。

    長い期間後ろで戦ってきたにもかかわらず、次の30分に入る3分目にユーヴェに良い決定機が訪れます。シュテファン・リヒトシュタイナーがファーコーナーへシュートもノイアーがブロックした。

    試合終了時間終わりにゴールへの勢いを確立し、バイエルンはアルカンタラがミュラーとのワンツー後ゴールを奪いリードすると攻撃の波を伸ばし続けます。
    このちょうど2分後に、コマンの左足のシュートがゴールになり試合を決めました。

    チャンピオンズ・リーグ敗退は当然失望ではあるが、アッレグリ監督のチームはトーナメント優勝候補の1つにアウェイで最後まで戦った方法は、顔を上げ冷静さを保つことができます。

    言うまでもないことだが、まだ進行中の国内2冠へのハントへ示される勇気と才能は、多くの楽観をユーヴェのセリエAとコッパ・イタリアの戦いへ提供します。

    ユベントス

    ブッフォン; リヒトシュタイナー, ボヌッチ, バルツァッリ, エヴラE; クアドラード (ペレイラ 89), ケディラ (ストゥラーロ 67), エルナネス, ポグバ, アレックス・サンドロ; モラタ (マンジュキッチ 71)
    未出場控え: ネト, ルガーニ, アサモア, ザザ
    監督: アッレグリ

    バイエルン・ミュンヘン

    ノイアー; ラーム, キミッヒ, ベナティア (ベルナト 46), アラバ; シャビ・アロンソ (コマン 60); コスタ, ミュラー, ビダル, リベリー (アルカンタラ 99); レヴァンドフスキ
    未出場控え: ウルライヒ, ラフィーニャ, ゲッツェ, ローデ
    監督: グァルディオラ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK