08.12.2016 14:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      水曜日夜の鍵となる名前と数字

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      水曜日夜のチャンピオンズ・リーグ第6節ディナモ・ザグレブ戦勝利の背景、鍵となる名前と数字

      ユベントスは、昨晩2016/17シーズンの最初の目的を果たし、チャンピオンズ・リーグ、グループHを勝ち点14で首位に立つためトリノで2-0でディナモ・ザグレブに勝利した。

      11ゴール、4勝2分を達成し、ビアンコネリは無敗チームの1チームとしてベスト16進出を国内リーグとともに首位で達成した唯一のチームです。

      水曜日夜の快適なホームでの勝利の裏となる鍵の名前と数字は以下の通りです:

      キーナンバー

      真っ先に、昨日の頑に粘るディナモ・ザグレブ戦勝利は2012/13シーズン以来初めてユーヴェがグループ首位でUCL決勝トーナメント進出を果たした事を確実とし、空前の記録だった2005/06シーズンの勝ち点15の記録より1点少ない物となった。

      水曜日の戦いは、2016年の引き分けたバイエルン・ミュンヘン、セビージャ、リヨンとの3試合の後最初のヨーロッパでの戦いの勝利で、ユベントスはUEFAの戦いで20試合連続無敗を記録します。

      しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の2016年の戦いは、、あだ1989年の戦いに比べて不足があり、31連続ポジティブな結果という集計を上回るには少なくとも2シーズンが必要です。

      試合に関しては、ユベントスは、前半の良くまとまったディナモのパフォーマンスからの激しい試合にも関わらず決して試合を失う事はありませんでした。最初から最後まで試合を支配し、ユベントスは64.3%のポゼッションを楽しみ、18本のシュートを放ち8本は枠内へのシュートとなった。

      鍵となる名前

      まさしくバックから始まり、ジャンルイジ・ブッフォンを休ませるというアッレグリ監督の決断は、この夜で最も予想外で著しい成績の1つとなった。ビアンコネリが2008年12月以来初めてブッフォン無しでチャンピオンズ・リーグを戦った事をネトのUCLデビューは意味し、アレクサンダー・マンニンガが2008年は出場しました。
      前線では、ゴンサロ・イグアインにとって非常に生産的な夜、52分にこの試合で非常に重要な先制点を挙げ、20試合出場で10点目、ヨーロッパでの5試合で3点目となった。
      ピピータにスコアシートで加わるのは、ダニエレ・ルガーニで、素晴らしいニアポストでのヘディングは若きディフェンダーに4日間で2ゴール目を与えました。
      ルーガニの良いタイミングの走りとジャンプにコーナーからアシストしたのは?勿論ミラレム・ピアニッチです。2試合で3アシストを記録したピアニッチは、5ゴール6アシストというクリエイティブな記録でチーム最高となります。
      サポーター投票で決まった様にパウロ・ディバラにとって際立った夜のハイライトとなった。
      10月のミラン戦敗北で怪我をしてから46日後に初出場したディバラは直ぐに存在感を表し10分で3本のシュートを記録した。ピアニッチだけが90分以上を完璧に管理しました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK