03.03.2016 00:12 - in: マッチレポート S

      ユーヴェ、ぎりぎりでインテルを破りコッパ・イタリア決勝進出

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリは、ミラノで合計3-3の引き分けとなり、サンシーロでインテルをPK5-3で破りコッパ・イタリア決勝進出を決めた

      インテルが1回戦の3-0の敗戦後、合計で3-3の引き分けに持ち込むも、レオナルド・ボヌッチの決定的なPK成功で、ユベントスがPKで5-3の勝利を確実としてコッパ・イタリア決勝進出を可能にした。

      インテルはフィジカルで序盤をより良く楽しみ、16分にマルセロ・ブロゾヴィッチの低い弾道のシュートでリードした。そして、今年のコッパ・イタリアでユベントスは初めて失点を記録。

      インテルは、後半も前半と同じく良い戦いを始め、49分にイヴァン・ペリシッチがエデルクロスからゴール、しすてダニエル・ルガーニがエリア内でペリシッチにファウルを犯してしまいPKをブロゾヴィッチが成功させ、合計得点で同点とした。

      ビアンコネリはこの戦いのアドバンテージを取り戻すために、シモーネ・ザザ、ポール・ポグバ、アルバロ・モラタが30分の延長戦で戦うもインテルのキーパー、フアン・パブロ・カリーソが反撃を防ぎました。

      その後のPKで、アンドレア・バルツァッリ、ザザ、モラタ、ポグバ、この試合キャプテンを務めたボヌッチ全員がPKを冷静に成功させ、ロドリゴ・パラシオの失敗でPK勝利をユベントスは達成し2004年の準決勝インテル戦の歴史を繰り返しました。

      サンシーロでのかなりの恐怖を耐え抜きマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、5月21日のローマ、スタディオ・オリンピコでの決勝戦をミランと戦いコッパ・イタリアのタイトル防衛の機会を奪いました。

      少なくとも3ゴールこの夜ユベントスから奪わなければいけないことを理解していたロベルト・マンチーニ監督のチームは早々に攻撃を仕掛けます。そして、かなり高くフィールドで戦いこの試合最初のシュートを放ちました。そして、開始10分にペリシッチのシュートが枠を外れます。

      ユーヴェは早々に守備に回りますが、全ての真実として不運にもレフェリーのアンドレア・ジェルヴァソーニがガリー・メデルのエルナネスへのファウルを認めずボールを奪われ、ブロゾヴィッチがこのボールを奪うとネトから先制点を奪った。

      ゴールはインテルに風向きを与え、矢継ぎ早に2点目の機会を伺った。そして、25分にアデム・リャイッチのループがクロスバーに当たり、インテルは陣容に惜しい追加点のチャンスを得た。

      ビアンコネリは必死に、理にかなった規則性で相手陣地を攻撃するも、相手キーパーのカリーソを試す事はなかった。

      ハーフタイムに近づき、インテルは2ゴール目ステップアップするも、ペリシッチのヘディングは超え、リャイッチのシュートは枠を外れました。

      ハーフタイムの直後インテルの持続的な攻撃が成果をあげます。エデルが右サイドを駆け上がり完璧なクロスをあげこれをペリシッチがゴール隅へ納めた。

      ユベントスは、今にもましてアウェイゴールが貴重で、この対戦の勢いを自分たちに戻す事を知っていました。そして、55分にザザがオフサイド・トラップを破りシュートもポストを直撃しアドバンテージを広げる事は出来なかった。

      リャイッチがネトの右ポストを僅かに外れるシュートをドリブルで守備を抜き放ち、インテルは前線で確実に脅迫的であった。

      ダニーロ・ダンブロジオもまた、合計点を同点へ近づくプレーを残した。72分にリャイッチのフリーキックから頭で合わせバーの上数インチ枠を超えるシュートとなった。

      エデルとペリシッチの自らの走りに駆り立てられ、インテルは最終的に82分エリア内でルガーニがブロゾヴィッチを倒してしまい、PKを与えてしまいネトは守れず合計点で同点となった。

      ネトは90分以内でもう一度セーブを強いられ近距離からの低いペリシッチのシュートをセーブした。

      ペリシッチは延長戦に入るとインテルをリードし続け、ネトに再びセービングを強いた。ペリシッチの頭でのシュートをトップコーナーで防いだ。

      ビアンコネリはどこかからインスピレーションを必要とし、101分にダンブロジオからボールを奪うとザザがポスト僅かに外れた非常に惜しいシュートを放った。数分後再びザザがカリーソのゴールを脅かすもシュートはサイドネットへ外れた。

      ポグバもクワドォーアサモアと交代後存在感を表し始め、貴重な左足のボレーをクアドラードのコーナーから放つもファーポストの向こうへ越えていきました。

      そして最後の数分、アルバロ・モラタはPKになる数秒前に2本のシュートを放ち決勝点を狙うもカリーソが1本目のシュートをダイビングで防ぎ、2本目の近距離のシュートも辛うじて防いだ。

      信じられないほど緊張したPKでは、パラシオが唯一失敗し、バルツァッリ、ブロゾヴィッチ、ザザ、レイ・マナイ、ポグバ、長友佑都そしてbヌッチが成功させ、最終的に5-3でユーヴェが勝利し、5月決勝戦進出を達成した。

      ユベントス

      ネト, リヒトシュタイナー (バルツァッリ 55), ルガーニ, ボヌッチ, アレックス・サンドロ, クアドラード, ストゥラーロ, エルナネス (レミナ 69), アサモア (ポグバ 86), ザザ, モラタ

      未出場控え: ブッフォン, ルビーニョ, パドイン, ケディラ, ペレイラ, ディバラ, ファヴァッリ

      監督: アッレグリ

       

      インテル

      カリーソ; サントン, ダンブロージオ, フアン・ジェズス, 長友; ブロゾヴィッチ, メデル, コンドグビア (ビアビアニー 46); ペリシッチ, エデル (マナイ 113), リャイッチ (パラシオ 74)

      未出場控え: ハンダノヴィッチ, ベルニ, イカルディ, テレス, ニュクリ, ダッラ・ジョヴァンナ, フェリペ・メロ, ギャムフィ

      監督: マンチーニ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK