14.09.2016 22:53 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    ユーヴェ、セビージャと引き分ける

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリのチャンピオンズ・リーグ、グループH開幕戦、ホームでセビージャと戦いスコアレスドローで水曜日の夜を終えた

    ユベントスの最初の2016/17チャンピオンズ・リーグ、グループリーグの戦いは、ユベントス・スタジアムで重要な覇権を奪うことが出来ず最終的にスコアレスドローで終えた。

    賑やかなホームサポーターの声援を受け、ビアンコネリは良い形で試合を始めた、最初の15分で2度のチャンスを迎えた。両方ともサミ・ケディラからのプレーで、ボックス内へドリブルし、ボレーシュートは枠を外れ、2度目のシュートはセルヒオ・リコの正面に放たれた。

    インターバルまでの30分間でまでは得点の機会が少なかったが更なるチャンスが加わります。パウロ・ディバラのエリア侵入がチャンス出会ったが、セルヒオ・リコがブロック、これがハーフタイム前の30分で唯一際立った瞬間だった。

    ビアンコネリは、ハーフタム後、ギアを2つ上げます。59分の先制点の可能性が大きかったダニ・アウヴェスの右サイドからのクロスからゴンサロ・イグアインの弾丸ヘッドはがクロスバーの音を立てた。

    調子の良いアウヴェスは、その後すぐにボックス内へ驚異的なボールを放り、突進するディバラへ合わせるもセルヒオ・リコが防いだ。

    イグアインは再び得点へのプレーを起こします。ケディラのセンターをつき、ミラレム・ピアニッチのクロスに反応もニコラス・パレハがゴールラインでアルゼンチンのストライカーから得点を防いだ。

    ビアンコネリは、終了の笛まで攻め続け、アレックス・サンドロがアディショナル・タイムにヘディングシュートを放ち、ホームファンのセレブレーション寸前に迫ったがセルヒオ・リコがこれを防いだ。

    9月27日のスタディオン・マクシミールでのディバモ・ザグレブ戦へアッレグリ監督とチームは、次のヨーロッパでの戦いで決定的な攻撃のパフォーマンスを行うように見ています。しかし、ユベントスは、日曜日サンシーロでのセリエAインテル戦へ注意を向けます。

    ユベントス

    ブッフォン; バルツァッリ, ボヌッチ, キエッリーニ; ダニ・アウヴェス, ケディラ, レミナ, アサモア (ピアニッチ 67), エヴラ (アレックス・サンドロ 67); ディバラ (プヤカ 86), イグアイン

    未出場控え: ネト, ベナティア, クアドラード, マンジュキッチ
    監督: アッレグリ

    セビージャ

    リコ, クラネビッテル (マリアーノ 78), イボーラ, エンゾンジ, サラビア (コレア 63), エスクデロ, ビトーロ, ニコ・パレハ, バスケス (カリーソ 90), ラミ, メルカド

    未出場控え: シリグ, ビエット, 清武, ガンソ
    監督: サンパオリ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK