06.03.2016 17:21 - in: マッチレポート S

    ユーヴェ、アタランタ戦の挑戦を乗り越える

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アンドレア・バルツァッリとマリオ・レミナのゴールでベルガモでのアタランタ戦を2-0での理科絵ビアンコネリは勝ち点3点差で首位に立ちます

    日曜日の午後、ベルガモでアタランタい2-0で勝利する事でセリエAで猛追するチームに対し勝ち点3のリードで週末を終える事をビアンコネリが確実とした。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームはボールを68%以上支配し、正確な83%の精度のパス成功率で試合の流れをコントロールした前半、24分にコーナーからマリオ・マンジュキッチを通じアンドレア・バルツァッリが先制点を挙げた。

    ユベントスは、ハーフタイム後も攻撃を続け得点へのチャンスを作りつづけ、アタランタの数回の攻撃を避け、最終的に86分マリオ・レミナが、4ヶ月の怪我による欠場を過去に追いやるゴールを収めた

    この試合の勝利はマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームの残りのリーグ戦10試合で2位ナポリを勝ち点3点のアドバンテージで上回るのをキープした。

    ビアンコネリは、2チーム間でより良いスタートをこの試合で行い、11分にはポール・ポグバのしっかりとしたフリックから、クラウディオ・マルキジオがサミ・ケディラに繋ぎ先制点の可能性か流れから訪れだが、ケディラのシュートはマルコ・スポルティエッロによってブロックされた、

    20分に自身で得点につながる惜しいプレーがあったポグバからのプレーは多くのユーヴェのベストの動きとなり、激しいシュートはクロスバーの間違った方向へ放たれた。

    このプレー後、ユーヴェは攻撃のプレッシャーをかけ続け、マンジュキッチがパウロ・ディバラのコーナーをディフェンスの隙へボールを送り、バルツァッリがこれでネットを揺らした。
    ちなみにこのゴールは、2012年のバルツァッリの初ゴールと同じ対戦相手でのゴールとなった。

    この試合での2点目の重要性を理解し、ビアンコネリはコンビネーションパスでアタランタを攻撃し続け、ケディラがディバラからのスルーパスからシュートも得点機となったがスポルティエッロがこの危機を素早く救った。

    40分にマルテン・デ・ルーンがマルコ・ボリエッロの厳しいクロスを捉え、アタランタは同点ゴールのチャンスを作る形をスタートしたが、ジジ・ブッフォンがこれをスマートにセーブした。

    アタランタはハーフタイム後、トラップをかわしストレートに戦い、左サイドを素早く破るも、マンジュキッチがペナルティエリアへの脅迫的なアシストをカットした。

    マンジュキッチは存在感をピッチ反対側でも表し、ボックス端でスポリティエッロのボールを奪い、枠内へのシュートを放つも、ラファエウ・トロイがゴール前をカバーしておりこのシュートをカットした。

    ディバラのドリブル技術がアタランタのバックラインを欺き始め、ディバラはスラロームでガブリエル・パレッタを追い抜くもブカリ・ドラメと接触しフリーキックを得た。

    ケディラも65分にユーヴェのリードを2点に広げる決定機があったが、エリア内でスポリティエッロをテストするも決め切ることができませんでした。

    アタランタがまさに1ゴールのビハインドで、自分自身で同点に追いつくために、フリーキックでトロイがノーマークのボリエッロの頭で合わせるも、ユーヴェのバックラインがこれを守った。

    アタランタは86分に望みが砕かれた。マリオ・レミナががボックスの外から2、3回のタックルを避け積極的なプレーから右足のシュートで追加点を奪った。

    ガボン代表のゴールは、6分のアディショナルタイムにもかかわらずアタランタのモチベーションを下げ、ブッフォンからゴールを奪うチャンスを作ることが出来ずユーヴェのキャプテンは9試合連続無失点を達成することになりました。

    アッレグリ監督の選手たちは、次のリーグ戦金曜日夜、ユベントス・スタジアムでのサッスオーロ戦へ5日間準備を行います。

    ユベントス

    ブッフォン, リヒトシュタイナー, バルツァッリ, ボヌッチ, エヴラ, ケディラ (レミナ 68), マルキジオ, ポグバ, ペレイラ (アレックス・サンドロ 81), マンジュキッチ, ディバラ (モラタ 88)

    未出場控え: ネト, ルビーニョ, ルガーニ, パドイン, エルナネス, アサモア, クアドラード, ザザ

    監督: アッレグリ

    アタランタ

    スポルティエッロ, トロイ, パレッタ, マジエッロ, コンティ (ダレッサンドロ 55), クルティッチ, デ・ルーン, チガリーニ (ディアマンティ 76), ドラメ, モナチェッロ (ライモンディ 66), ボリエッロ

    未出場控え: バッシ, ステンダルド, ガリアルディーニ, ベッリーニ, ミリアッチョ, フロイラー, ガクペ, ブリーヴィオ, チェルビン

    監督: レヤ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK