09.04.2016 23:07 - in: マッチレポート S

      ユーヴェ、ロッソネリ戦を支配

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      土曜日夜のサンシーロでミランを2-1で破り、ロッソネリに対して7試合連続勝利を確保するためにビアンコネリはゴールを挙げ反撃した

      サンシーロで2-1でミランを破り、ユベントスは土曜日夜にタイトルへの後押しを果たした。

      ミランはアレックスがマリオ・バロテッリのコーナーから先制点を挙げ、より良いスタートで順当に18分の先制点を奪った。

      反撃へビアンコネリの反応はポジティブなもので、マリオ・マンジュキッチは27分にゴール下の角にフィニッシュ、最終的にユーヴェのアドバンテージへ導きます。

      ジジ・ブッフォンのヒロイックなプレーは後半の初期に危険なミランを寄せつけませんでした。そして前線でポグバが65分にボールを叩きつけ得点を奪うためのインスピレーションとなるセーブをキャプテンがユベントスの舞台に用意した。

      ユーヴェは最後に気持ち良く自身のアドバンテージを掴み、ロッソネリ戦7連勝を挙げます。そして、これは2位ナポリに対し暫定で勝ち点9点差とし、ナポリは翌日エラス・ヴェローナとホームでプレーします。

      目一杯走り、タイトに1対1が戦われたフィジカルな序盤、ミランはこの試合最初の枠内へのシュートを開始8分で繰り出します。イニャツィオ・アバーテが右ウイングからクロスを放つとニアポストに入りそうであったが、ブッフォンがライン上でブロックした。

      ビアンコネリのキーパーは再びちょうど6分後にプレーを強いられます。そして、低いバロテッリの驚異的なフリーキックをセーブし、リバウンドのリバウンドのルカ・アントネッリのシュートを防ぐために再び立ち上がった。

      ロッソネリは前半を良い立ち上がりで戦い、18分にバロテッリのコーナーから、アレックスが飛び込みブッフォンから強力に先制点を奪った。

      このゴールがユーヴェのアクションをスパークさせます。シュテファン・リヒトシュタイナーがアルバロ・モラタの中央でのストライドからシュートを下隅へ放つが、ジャンルイジ・ドンナルンマは1.96メートルの距離でブロックします。

      そして17歳のキーパーはクラウディオ・マルキジオのドライブのチャンスを防いだ、しかしマンジュキッチの先週土曜日のエンポリ戦でのゴールに続き、モラタのパスから冷静にネットを揺らし1点を返した。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは相手陣地で長い間プレーをし始めていました、しかし、ブッフォンがユライ・クツカのロングシュートを防ぎ、ミランは今シーズン、セリエAでユベントスに対して45分で枠内へ3本のシュートを放った最初のチームとなった。

      リヒトシュタイナーは右サイドで多くの量の喜びを得ていました、そして最終的にポグバの鋭いパスを受けた後、ミランに対して決定的なチャンスを手にするも難しい角度からのシュートはファーポスト外に外れた。

      後半5分に得点が動かなかったのは、カルロス・バッカの低いシュートをブロックし、バロテッリのシュートをクロスバー下へボールの向きを変えるブッフォンの十分な輝きによる貢献がありました。

      イタリア代表フォワードは、再びチームにリードをもたらす瞬間を再確立する寸前となった。ゴールへ積極的にシュートを放った。

      ポグバの激しいポストに直撃したフリーキックが60分にあり、この対戦のかのうせいは完璧にユベントスが作り続けることになった。

      丁度5分後に、ファーポストへのポグバのシュートがドンナルンマの上へ、今年のセリエAシーズン7点目となるシュートがネットを揺らし、この夜のユベントスの2ゴールめとなった。

      ビアンコネリは、勝っている時から2点だけを落としており、ここでリードを落とす可能性はほとんどありません。ケヴィン=プリンス・ボアテングの枠を外れたシュートだけが、反撃の唯一の機会となった。

      重要な勝ち点3を手にし、アッレグリ監督のチームは、現在優位なところで最後の6試合を戦います。
      次は、ユベントス・スタジアムでの残り4試合の日程で最初のパレルモ戦です。

      ユベントス

      ブッフォン, バルツァッリ, ボヌッチ, ルガーニ, リヒトシュタイナー (クアドラード 81), ポグバ, マルキジオ, アサモア (エヴラ 84), アレックス・サンドロ, マンジュキッチ, モラタ (ザザ 68)

      未出場控え: ネト, ルビーニョ, パドイン, レミナ, ストゥラーロ, エルナネス

      監督: アッレグリ

       

      ミラン

      ドンナルンマ; アバーテ, アレックス, ロマニョーリ, アントネッリ; 本田 (ルイス・アドリアーノ 73), モントリーヴォ, クツカ, ボナヴェントゥーラ; バッカ, バロテッリ (ボアテング 77)

      未出場控え: ディエゴ・ロペス, リヴィエッリ, カラブリア, デ・シリオ, エリー, メクセス, サパタ, ホセ・マウリ, ロカテッリ, ポーリ

      監督: ミハイロビッチ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK