20.01.2016 23:09 - in: コッパ・イタリア S

      ユーヴェ、ラツィオを破りコッパ・イタリア準決勝へ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      スタディオ・オピンピコで古巣ラツィオへのシュテファン・リヒトシュタイナーの後半のゴールでビアンコネリはコッパ・イタリア準決勝へ進出

      水曜日の夕方、ローマのスタディオ・オリンピコで1-0で均衡に争われた対戦で、カップ保持者ユベントスが、ラツィオを破り、コッパ・イタリア準決勝へ進出し、タイトル防衛を続けます。

      堅実な最初の45分、ケイタ・バルデは最高の得点機を逃がし、ゴールを無失点で終わらせる事となった。その後、ユベントスが対戦に入り、ラツィオのキーパーエトリト・ベリシャにスマートなセービングをポール・ポグバが強いた。しかしどちらもリードを奪うには十分ではありませんでした。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは後半に努力を進めます。そして、2、3の攻撃で前に進んだ後、シュテファン・リヒトシュタイナーのシュートがネットを揺らし、ゴール・ライン・テクノロジーの確認で66分に1点のリードを奪った。そしてスイスのウイングバックが準決勝へ進出を現在のチームで確実したゴールを古巣相手に奪った。

      試合の序盤の段階では、ペースを落ちつけるために両チーム僅かに時間がかかった。
      リヒトシュタイナーこの試合でユベントスにとって最初のシュートを放ったが、距離のあるシュートはベリシャの正面んでゴールを奪う事は出来なかった。

      ピッチの反対側ではケイタがラツィオのリードを機会をうかがい、近距離からのシュートはクロスバーの上へ越えました。

      日曜日もウディネーゼ戦後ラインナップに戻ったポグバは、均衡を打破する試みを行なった。ポグバはクラウディオ・マルキジオのフリーキックから強いヘディングを放つもゴール枠を外れました。

      25分までに、ユーヴェはより多くの信念でプレーし、より大きな攻撃の脅威をもたらし始めていました。ザザの自発的なランニングはリヒトシュタイナーの前方への高いボールを捉えたが、ザザのシュートはゴールを外れた。

      そしてポグバはベリシャの左下角へ積極的にシュートを放ったが、アルバニア代表キーパーは素早くボールをブロックし、ゴールを守った。

      34分に、アルバロ・モラタがボックス内でミラン・ビシェヴァツに倒されビアンコネリは、PKをアピールするも、レフェリーのアントニオ・ダマートはこれを流します。

      前半リズム不足があったが、後半立ち上がりはそのような事がありませんでした。アッレグリ監督のチームは直ぐに競争的に戦い、51分にリードに近付きます。モラタのゴールへのシュートをベリシャがダイブで止め、ザザがこのリバウンドからシュートもネットを揺らす事が出来なかった。

      このあとアレックス・サンドロからのボックスへの良いボールを、ポグバが頭で合わせるも狙い通りのシュートを放つ事が出来なかった。

      しかし66分に、ユーヴェは前方で続く攻撃の報酬を得ます。ザザがベリシャへシュートを放ち跳ね返ったボールをボックス端からリヒトシュタイナーがシュートを放った。
      ラツィオのキーパーはリヒトシュタイナーのシュートをブロックしようとしたが、ボールをゴールラインを横切った。ゴール・ライン・テクノロジーの確証を受け、レフェリーはセンターサークルを指した。

      この得点がラツィオの頭が落とし、ビアンコネリは2得点目に近付きます。ステファノ・ストゥラーロのシュートは枠を外れ、遅く交代したパウロ・ディバラとマリオ・マンジュキッチの2人のシュートはベリシャにセーブされ、この夜の忙しいキーパーとなった。

      試合の最終的な攻撃で、ディバラは勝利へ輝きを与えようとしたが、シュートはゴールを外れた。

      しかし、アッレグリ監督のチームにとって、大会の次のラウンドへ達する仕事が成し遂げられ、ロベルト・マンチーニ監督のインテルと2レグの準決勝でタイトル防衛戦を行ないます。

      ユベントス
      ネト; カセレス, ボヌッチ, キエッリーニ; リヒトシュタイナー (クアドラード 80), ストゥラーロ, マルキジオ, ポグバ, アレックス・サンドロ; ザザ (ディバラ 90), モラタ (マンジュキッチ76)
      未出場控え: ブッフォン, アウデーロ, ルガーニ, パドイン, エルナネス, アサモア
      監督: アッレグリ

      ラツィオ
      ベリシャ; コンコ (アンデルソン 73), ビシェヴァツ, マウリシオ (ホード 62), ラドゥ; ミリンコヴィッチ, ビリア, ルリッチ; カンドレーヴァ, クローゼ(マトリ 82), ケイタ
      未出場控え: グエッリエリ, マトセヴィッチ, ブラーフハイト, パトリック, オナジ, カタルディ, パローロ, マウリ, ジョルジェヴィッチ,
      監督: ピオリ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK