27.11.2016 17:13 - in: マッチレポート S

      ユーヴェ、ジェノア戦敗北

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      前半26分間の3失点、ルイージ・フェラリスでのジェノア戦でユベントスは敗北

      ユベントスは、ルイージ・フェラリスで好戦的で競争的なジェノアと日曜日午後に対戦したが、リグーリアで3-1で負けた。

      ジョヴァンニ・シメオネとアレックス・サンドロ・オウンゴールという前半の連続失点、火曜日の刺激的なチャンピオンズ・リーグ、セビージャ戦勝利で構成された勢いは砕かれてしまった。

      ジェノアは、ホームでの連続無敗記録を7試合に広げるためにユーヴェに対して勇ましく戦い、ミラレム・ピアニッチが終了8分前にフリーキックを決めるも追いつく事は出来なかった。

      開始直後から、イヴァン・ユリッチ監督のジェノアは、ピッチでユベントスにプッシュし、それが試合序盤と先制ゴールで大きくユーヴェにトラブルを与え悩ませる事に至った。

      2分後に右サイドライン近くレオナルド・ボヌッチがスリップし、ユベントスのボックスでパニックを引き起こし、ジャンルカ・ブッフォンとアレックス・サンドロが3度ジョヴァンニ・シメオネのシュートを防ぐも、4度目で失点となった。

      シメオネは15分後にこの日2点目を挙げ、ヘディングでダイビングするブッフォンから得点を奪った。

      ビアンコネリの冴えない前半は、15分後自身のペナルティーエリアでのプレーで良くないプレーがあった。ゴール近距離でシメオネがシュートを放つだけでなく、ルカ・リゴーニのループヘディングをクリアーさせるためにアレックス・サンドロが試みるも、残酷な事にこれが結局オウンゴールとなってしまう。

      後半開始数分後、ユベントス良い形で戦うも、マリオ・マンジュキッチのシュート、ピアニッチの低いシュートは、枠を外れ得点を上げる事が出来なかった。

      しかしピアニッチは、終了8分前に自身を見つけます素晴らしいフリーキックは壁を越えゴール角へ決まったが、それ以外は期待外れの午後となった。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK