22.11.2016 23:10 - in: マッチレポート S

    ユーヴェ、セビージャに勝利しUCLベスト16へ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、セビージャに3-1で勝利し、グループH首位の対戦相手を追い越しチャンピオンズ・リーグノックアウト・ステージの資格を得ました

    火曜日夜ビアンコネリは、3-1でセビージャに逆転勝利を挙げ、グループHトップに返り咲きチャンピオンズ・リーグノックアウト・ステージ進出を確実とした。

    セビージャがニコラス・パレハのゴールで序盤リードを取ったが、フランコ・バスケスが2枚目のイエローカードで退場し、残り60分近くを10人で戦う事になり、ユーヴェは完璧な有利をとりました。そして前半終了間際のクラウディオ・マルキジオのPKでのゴールでハーフタイムを迎えました。

    セビージャは勇敢にディフェンスするもマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが活発に戦ったので困難し、85分にこの試合を決めるレオナルド・ボヌッチが距離のあるシュートで得点を挙げた。

    そしてアディショナルタイムに入り、マリオ・マンジュキッチが3点目を挙げ、グループステージで1試合を残し、ホルヘ・サンパオリ監督のチームを追い越し、勝ち点3を得てチャンピオンズ・リーグベスト16を確保しました。

    両チーム、グループ首位でノックアウト・ステージへ進出するために対戦に臨むと同時に、同点でも進出できる事を確認する事を理解し対戦に入りました。

    結果、多くの得点に結びつくチャンスのある試合で、セビージャが最初のチャンスを得て、ミッドフィールダーのパレハが9分に右足のボレーでエリア端から先制点を奪い完璧なスタートを切った。

    ユーヴェの反撃は良い戦い方でした。フアン・クアドラードの安定したクロスは、セビージャのキーパーセルヒオ・リコが弾き、マンジュキッチのペナルティ・エリア外からのシュートは枠を外れた。

    サミ・ケディラも鋭いシュートで得点に近づくもクロスバーを越えた。

    この瞬間の後、ケディラは元パレルモのパスケスのファウルを受けます。すでにクアドラードに対してのファウルでイエローカードを受けており二枚目の警告で退場となった。

    10人となったセビージャ、ユーヴェは数的優位で戦うことに、ビアンコネリが攻撃の圧を与えた後、ボヌッチがボックス内でファウルを受け、PKの判定を受けます。

    マルキジオがこのPKのキッカーとしてセットしシュート、セルヒオ・リコがダイビングで触れ止めるかと思われたもののゴールとなった。

    ハーフタイムに同点となり、ビアンコネリは後半さらなる得点機を探すも、セビージャがコンパクトに戦いカウンターの危険性を持ち難しい試合になった。

    逆転に近ずくミラレム・ピアニッチの低いボックス端からのシュートは、セルヒオ・リコがセーブ、そして85分にボヌッチが距離のあるところから試合を決めるゴールを挙げた。

    アンダルシアへの旅行をしたビアンコネリファンは、マンジュキッチが挙げたゴールをすぐに祝い、何の疑いもなく勝利を見届けまいsた。

    ディナモ・ザグレブとのユベントス・スタジアムでの戦いホーム勝利でグループH首位を確実とする前に、アッレグリ監督のチームは注意をリーグ戦ジェノア、アタランタとの戦いに注意を向けます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK