19.04.2016 10:00 - in: セリエA S

      ユーヴェ対ラツィオ:7ゴール天国

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      これ程頻繁に戦われる試合で、素晴らしいゴールは不足していません。通り過ぎた時間からユーヴェ対ラツィオで最高の7ゴールを選びました

      ユベントスとラツィオはセリエA、コッパ・イタリア、スーパーカップと今シーズン全体で既に3回対戦しています。そしてそれらの戦いで2つのクラブが対決では何かが起こることを示しています。

      最も重要なのは、ビアンコリは通常通り勝利を挙げ、ラツィオとの143リーグ対戦で75勝を挙げそのうちの45勝はトリノでのホーむでの勝利です。

      しかし、試合の価値はゴールです、そして伝統的にユーヴェにとって多くのゴールを生み、1試合で2得点以上の確率で157得点をスタディオ・コムナーレ、デッレ・アルピ、スタディオ・オリンピコ、ユベントス・スタジアムで記録した。

      要するにラツィオのネットを揺らし十分に実証されたトップ7ゴールという壮大な様式からのユーヴェの勝利です。

      1967: ジゴーニ

      via GIPHY

      1967年6月1日 - もちろんジャンフランコ・ジゴーニのゴールがこの時系列でとにかく最初になります。ビアンコネリの歴史でこれがどれくらい重要かを理解します。

      クラウディオ・ディ・プッチーオのパスに導かれ、ジゴーニの近距離でのヘディングでラツィオに2-0のアドバンテージを得、最終的に13回目のスクデットを手にします。

      34回目のタイトルは水曜日夜に数字的に達成できないでしょう、私達は49年前の状況から始まる完全な場所であることに同意してもらえることを望みます。

      1973: クックレドゥ

      via GIPHY

      1973年10月28日 - クラシック・ゴール、ナンバー2は、アントネッロ・クックレドゥのペナルティ・エリア端からのドライブシュートで1973年のラツィオとのホームでの戦いを締めくくるには十分なゴールでした。

      事実、アントネッロのゴールは早々にビハインドとなったユーヴェの3点目となる印象的な逆転ゴールでした。

      1989: デ・アゴスティーニ

      via GIPHY

      1989年6月11日 - おそらく技術的に選ばれたものです。ルイジ・デ・アゴスティーニの完璧なハーフ・ボレーも最近のユーヴェ対ラツィオの対戦で最も熱い物の1つです。

      1タッチでコントロール、1タッチでゴールの枠内へ、力強いフィニッシュは、この日2度目のリードをユーヴェに手渡します。

      数分後、レナト・ブーソのゴールが得点を安全圏へ。

      試合終了: ユベントス 4-2 ラツィオ

      1994: ヴィアリ

      via GIPHY

      1994年4月17日 - 1994年のデッレ・アルピでのスコアは6-1と他ならぬジャンルカ・ヴィアリによって組織化された戦いになった。

      前述のの3つのユーヴェのゴールが財産になるタッチとなるが、ヴィアリのゴールは4-1とし大量ゴールのフォワードは混じり気のない品格を持っていた。

      ゴールからルカ・マルケジャーニの判断ミスを利用し得点、旋回しビアンコネリの3ゴールのアドバンテージを回復する、2点目はボールを無防備のラツィオネットへアーチを描きハットトリック・ヒーローは得点。

      ディノ・ゾフ監督の選手達の勝利へヴィアリは3点を奪った。圧勝!

      2008: キエッリーニ

      via GIPHY

      2008年4月27日 - ジョルジョ・キエッリーニの2得点は2008年のラツィオ戦を対戦を思い出すには十分な理由です。本来価値のあるジョルジョーネの巧みなニアポストでのヘディングのクオリティを考慮します。

      上記のゴールはその日のビッグマンのこの日最初のゴールでこのラツィオ戦でさらに7ゴールが挙げられ、最終的ニ5-2という結果となった。

      2013: テベス

      via GIPHY

      2013年8月31日 - カルロス・テベスの厳しい走りと冷静に粘り強いスタイルは尊敬され、ビアンコネリの2どの主要な得点は非常に簡単に見える様なクオリティがありました。

      たとえとして2013年の4-1で勝利した試合の80分のゴールを取り上げます。シンプルにゴール角へボールをパスします。
      クラシック・カルロスです。

      2015: ボヌッチ

      via GIPHY

      2015年4月18日 - レオナルド・ボヌッチは、両ペナルティ・エリア周りのでの自分の方法を知っています。ディフェンス仲間であるキエッリーニの様にセンター・フォワードの印象を取り外す最高の能力があります。

      数ヶ月後のローマ戦で忘れられないゴールでネットを揺らすが、レオは首都のもう一つのクラブを倒すために再びゴールを挙げました。28分にチームに2-0のリードを手渡す近距離での冷静なゴールがあった。

      ほぼ1年が経ち、水曜日の夜この結果を繰り返すことは、最も重要なユーヴェ対ラツィオの対戦の完璧な結果の1つです。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK