30.05.2016 20:00 - in: スタジアム&ミュージアム S

      ユベントス「L’arte di vincere」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスのスクデット勝利と同じ34のマスターピース、新しい「L’arte di vincere」展示は、現代イタリア・アートの歴史と美しい試合を接合し、10月2日まで今日からJ-ミュージアムで展示されます

      今日夕方現在、ビアンコネリをテーマにしたアーカイブが、独特の新しいアート展示開始のホストを務め、ユベントスのJ-ミュージアムは更に新しい解釈を加える事が出来ました。

      コレクション「L'arte di vincere」(勝利のアート)と表題をつけられた34の作品は、注目に値するチャンピオンシップを獲得した2015/16シーズンで記録を伸ばしたトリノのクラブの記録的なスクデット・タイトルの合計と同じ数の特徴とし、この展示は10月2日まで公開の用意が整っています。

      20世紀前半から現代に渡る作品を特徴とし、展示は過去100年のイタリア・アートのクリエイティビティだけでなく、その起源から歴史を作った現在イタリアで最も成功したクラブの進行もチャートに入ります。

      ジャコモ・グロッソの1905年のトリノの王立歌劇場の天井スケッチ、ジョルジョ・モランディの比喩的な作品、カルロ・カッラの1930年代から現代の両フィールドでの勝利と1970年代と1980年代のカンバス、コレクションはユベントスとイタリアのアートの物語が最初の一目で観るよりもルイジしている事を証明しようとしています。

      キュレーターのルカ・ベアトリスにとって、プロジェクトは、ユベントスを豊かなクリエイティブなイタリア史と結合させるために、生涯の夢の実現を記録します。

      「アートとカルチョ、特にユベントスに関して手をつなぎ歩まなければならないと、私は常に思っていました」と、彼は説明しました。

      「私の夢は20世紀から私の大好きなチームの豊かに成功した歴史とイタリアのアートが結びつくことになり、皆さんが考えるよりもこの2つが収束性を証明する事になっています。」

      この最新の冒険は美しい試合を越え即座に限界を広げることへのJ-ミュージアムの関わりを再び意味し、GAM(街の現代芸術ギャラリー)と「エンリコ・パウルッチ」と協力し「Invasioni di campo」のような以前のイベントに続きます。


      「私達は以前のJ-ミュージアムでアート展時のを主催しましたが、芸術的見解から絶妙であることに加え、このセレクションは感情的なレベルで本当に特別です。」とミュージアム館長パオロ・ガリンベルティがコメントしました。

      ユベントスCEOのジュゼッペ・マロッタは以下のように付け加えました。
      「このプロジェクトはスポーツの興奮とユベントスの勝利のスケールをアートで結合し、それは純粋に素晴らしいプロダクトです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK