26.09.2016 17:26 - in: イベント S

      ユベントスとラバッツァは、会社持続性を議論

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスのアンドレア・アニェリ会長は、トリノに拠点を置くコーヒー・メーカーのマルコ・ラバッツァ副社長との議論に参加

      ユベントスのアンドレア・アニェリ会長は、今日、会社持続性についての議論に参加しました。このイベントは、重要な話題を検討しトリノで最前線にいる2つの非常に有名な企業がまとめ、トリノに拠点を置く大コーヒー・メーカー、バッツァによって組織化されました。

      6月13日から18日の間で、ユベントスとラバッツァは、革新的な持続的な統合プログラムで彼らの仕事の一部としてスポーツの価値を高めるコーヒーの産地で有名なコロンビア、メタ地区での努力に加わりました。

      「我々は、多くのファンと若者に対する手本です。この理由から、基本的に我々に責任があると知られています。」とアニェリ会長は持続的なユベントスのこれまでより大きな関与について話し、それは本当にクラブがフットボールの世界でこの事について先導しているのを示しました。

      2、3ヵ月前、ユベントス・スタジアムがヨーロッパ・クラブ・アソシエーションのホストとなり、このトピックに関する最初のワークショップを行いました。ビアンコネリは、「Gioca con Me(私とプレー)」プロジェクトを次のレベルへ持ち込もうとし、2012年のユネスコとのパートナーシップも開始し、今シーズンはペルー、コロンビア、グアテマラ、レバノン、チュニジアまで広がります。

      ユネスコによるクラブとの継続した仕事は、今月始めソフト・スキル・マニュアルに現れ、ユベントス・アカデミーへ設計され、ピッチの中と外で若者のベストを保証する事を目指しました。

      「我々はおよそ600人の子供たちの自立を監督します。そして、彼らがフットボール選手としてだけでなく特に人間として成長するのを援助します。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK