09.02.2016 18:00 - in: イベント S

      ユベントス、パリでECA総会に参加

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      2日間のヨーロッパのクラブ協会(ECA)総会へユベントスを代表して、アンドレア・アニェリとジュゼッペ・マロッタはパリへ旅立ちます

      アンドレア・アニェリとジュゼッペ・マロッタはユベントスから2月8日月曜日と9日火曜日にパリで行なわれた16回目の欧州クラブ協会総会(ECA)の代表に選ばれました。

      143の加盟クラブと基調演説者マルコ・フィリガー(FIFA事務局次長)とジャンニ・インファンティーノ(UEFA書記長)ら代表が参加し、主要な話題はフットボール自治とUEFAクラブ競争という議論で、イベントは試合の将来への率直な議論に従事する機会を与えました。

      最初のテーマは、前進するプロの試合に影響を及ぼす決議に関した重要な投資家の意味のある直接参加を提供するFIFAの意思決定プロセスと活発で建設的なプレーの要求をECAは繰り返しました。

      それから、32チームから40チームまでワールド・カップに参加するチームを増やすFIFAリフォーム委員会のアイデアはECAによって否定され、選手の過大な身体的負担から保護することと、クラブでの同じ責任感を示せるよう理事会へ頼んでいます。

      開発と競争、両方の改善へUEFAの主要となるクラブの競争(UEFAチャンピオンズ・リーグとUEFAヨーロッパ・リーグ)の将来が、非公式の専門調査委員会で議論されました。

      フィリガーからの最新情報とインファンティーノのFIFAとUEFAとしてのそれぞれの役割についての後、後者はFIFA会長候補としての立場でクラブへ意見を述べ、組織を前進させるための展望を示しました。明確に基づく、彼の青写真と強力な統治方法、団結と世界中のフットボール発展に対する新しい関心は、全ECAメンバーのクラブから温かい反応を受けました。

      このイベントはまた、ユベントスが草分けと成ったユネスコの国際的なフットボールのリサーチ・レポート、「色?何の色?(Colour? What Colour?)」においてのレイシズムと差別へのフランスの首都で発表された物を見ました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK