20.09.2016 15:30 - in: スポンサー S

    ユベントスは、アゼルバイジャン国際銀行との地域提携を発表

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、アゼルバイジャン国際銀行との地域協力とアゼルバイジャンでのユベントス・アカデミーオープンを発表しました

    ユベントスは、今日アゼルバイジャン国際銀行との新しい地域連携を首都バクーでの記者会見で発表しました。

    この日の3年の合意が副CEOでCFO IBAのウルヴィ・マンスロフ、グローバル・パートナーシップ、企業収益長ジョルジオ・リッチ、ユベントス・レジェンズ会長ダビド・トレゼゲ、J-アカデミー・スポーツ・ディレクター、ジャンルカ・ペソットにより発表されました。

    公式地域パートナーとして、アゼルバイジャンの中でのコミュニケーションのいかなる活動と形でユベントスのロゴ、ビアンコネリ選手のイメージを自身の製品、サービスに仕様で着る様にIBAはなります。

    「これは我々がこの16ヵ月で契約した5つ目の地域パートナーです。国際レベルでユベントスの継続的な成長を確実とします。」と、リッチは断言しました。

    「アゼルバイジャンのような大きな可能性のある国で、アゼルバイジャン国際銀行との協力を、我々は誇りに思います。」

    プロジェクトに対するリッチの熱意と同じようにマンスロフは以下の様にコメントします。
    「アゼルバイジャンで若者への仕事を補い、強化する、そしてユベントスが世界中で日々ピッチで示すメインとなる価値を教得る事を、我々がイタリアで最も成功したクラブとの非常に重要な協力で許されることを発表でき嬉しいです。」

    今日の記者会見で、ユベントスは、バクーのシャファ・スタジアムを拠点に新しいJ-アカデミー開講を発表しました。

    このプロジェクトは、この国で若者のフットボールの成長を促進し、アゼルバイジャンでの試合のベースを成長させる事をトレゼゲとペソットによって明らかにされました。

    IBAは国で関与するスポーツ・イニシアティブの発達に増やす予定で、前記のアカデミーの命名権も購入し、開催されるトレーニング・セッションで子供たちのユニフォーム全てにロゴが入る事になっています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK