29.04.2016 18:30 - in: セリエA S

      カルピ戦キーポイント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、カルピとの日曜日午後のスクデット・ホーム帰還対戦前に、全ての鍵となるデータを提供します
      恐るべき形

      ユベントスは、月曜日に歴史的な5年連続スクデット・タイトルを勝ち取ってから最初の試合で26リーグ戦で25勝目を求めカルピと日曜日の対戦に望みます。
      得る事が出来る75点で73点のセリエAでの空前の記録を破る事が出来ます。

      一方カルピは最後の7試合で4勝を挙げておりシーズン最高の形を表面上取っています。3月の始まりから得た14点は、18位のパレルモに3点差で最終的な降格ラインの上である17位へ上がるのに貢献した。

      3月の最も特にフロジノーネとエラス・ヴェローナを負かした能力は、重要なサバイバルとなった。また今シーズン価値がなかった時期に、上位9チームのミラン(2回)、インテル、ナポリと引き分けた。

      前回対戦の数字

      ビアンコネリの記録破りのシーズンを振り返り、モデナでのスタディオ・アルベルト・ブラーリアでの12月のカルピ戦は、10月31日のデルビー・デッラ・モーレ勝利以降の25試合無敗の走りで最もタフな1試合となった。

      実際カルピ戦3-2の勝利は、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームがリーグ対戦日程でデルビー以降、複数失点をした唯一の試合でした。

      ユーヴェは、12月20日にアウェイでのカルピ戦での3-2で勝利を祝います。

      更に、カルピはこの期間のリーグにおいてビアンコネリをリードした最後から2番目のチームです。マリオ・マンジュキッチの同点弾の3分前にブラーリアでマルコ・ボリエッロが先制点を奪いました。
      それ以降ミランだけがユベントスから先制点を奪ったチームです(9分間でアレックスのヘディングをマンジュキッチが再び引き分けにした。)

      中心人物

      ユーヴェの成功は今シーズン莫大な相対的な強さとなった。しかし数人の選手はそれぞれの記録を強化使用としています。

      ゴール前で10試合連続セリエA無失点をユベントス・スタジアムで保とうとジジ・ブッフォンは見ています。この様に既にクラブ記録を広げようとしています。

      中盤では、ポール・ポグバが最後の6リーグ戦全てで、3ゴール6アシストを記録。一方、攻撃において、マンジュキッチは最後の5試合で4得点です。

      ポグバとマンジュキッチ両者今シーズンのカルピ戦で相性の良い記憶があります。彼らは二人はユーヴェのゴールを記録し、ブラーリアでのマンジュキッチの2得点は夏に加入して以来唯一の物です。

      大部分を交代で使用されるにも関わらず、ケビン・ラザニアは今シーズンセリエA、5得点でカルピでの最高得点者です。そして、その全ての得点はベンチからです。この合計はヨーロッパ・トップ5のディヴィジョン全体でバイエルン・ミュンヘンのロバート・レバンドブスキー(7)とレンヌのカミル・グロシツキ(6)だけが上回ります。

      23歳のラザニアは、ミッドフィールダーのロレンツォ・ロッロが出場できずトリノへ迎えないため、スターティング11を手渡されます。

      左ウイングのアントニオ・ディ・ガウディオもビアンコネリ、ディフェンスが気をつける選手です。2得点1アシストを過去6試合で残しています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK