17.01.2016 19:08 - in: セリエA S

      ケディラ「前へ、もっと高く」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      サミ・ケディラは、ビアンコネリのウディネーゼ戦の4-0の勝利を大いに楽しむが、チームは未だ何も達成していないと警告します

      慎重に正確にそしてフィールドの全てをコントロールするサミ・ケディラは、速くもマッシミリアーノ・アッレグリ監督のユベントス・ジグソーに欠くことのできないパーツにになっています。

      今シーズン多くの試合と全ての競争で4点目、リーグで2得点目となるゴールをパウロ・ディバラのボールから頭で合わせ、夏にレアル・マドリッドから加入したケディラは、この最新のウディネーゼ戦4-0の勝利に貢献した。

      ダチア・アリーナ・フリウリでの試合直後にSkyスポーツイタリアのカメラに話します、印象的なケディラは、典型的に完璧なパフォーマンスを提供し試合後に評価されるも、それを警告しハードワークを始めます。

      「私は今日自身で得点する事ができ結果にも満足です。」とケディラは切り出しました。
      「私達は非常によくプレーしています、私達は調子が良いです、しかし、まだ何も達成していません。止まってはいけません。

      この走りを続けることを確認しなければなりません。長いシーズンですし、シーズンの中間点で2位にいるだけです。」

      当然、ケディラは直ぐに注意を次の7日間で行なわれる挑戦的な2試合、ビアンコネリの水曜日のコッパ・イタリア準々決勝ラツィオ戦とタイトル・ライバルのローマーとの日曜日のユベントス・スタジアムでの対戦へ向けます。

      彼は付け加えました。「私達は待ち受ける重要な試合、もちろんラツィオとローマとの戦いから始まります。彼らは全て強いチームですから、チームはなんでも手放す事はできません。言いたいのは、私達は非常に良いと感じ、フットボールを楽しんでいます。」

      そして、バイエルン・ミュンヘンとの特別なチャンピオンズ・リーグでの対戦への言葉は?

      「試合まで4週間がありますし、私達は準備します。それは簡単な試合ではありませんが、次のラウンドへの大きな可能性があると知っています。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK