24.08.2016 15:30 - in: セリエA S

      レミナ「ラツィオ戦は常に厳しい挑戦です」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マリオ・レミナは、土曜日のスタディオ・オリンピコへの遠征をプレビューします。「私達はベストを出す必要があります。ラツィオ戦は簡単な試合ではありません。」

      先発出場し勝利した土曜日のフィオレンティーナ戦での有望なシーズン開幕、マリオ・レミナには今シーズンへ楽観的な正当な理由があります。

      同様に、週末の開幕戦勝利は、セリエA29試合で27勝目となり、5月の5連続リーグ優勝へ運んだ見事なフォームを継続します。

      しかしレミナは、油断していません。スタディオ・オリンピコでのラツィオ戦への挑戦へ、ガボン代表ミッドフィールダーは、チームメイトに首都で自己満足を保たず、勝ち点3を確実に奪い帰る事を頼みました。

      Skyとメディアのカメラにマリオは、ラツィオ戦とその向こうへ、意見を話しました。

      「ラツィオ戦は簡単な試合にはなりませし、今週末の試合は少しも異なりません。正しい結果を得るためにフィオレンティーナ戦にした、全90分の集中を続けプレーをする必要があります。

      クラブとコーチング・スタッフから自分が求められていると感じますし、評価されている事が試合の日に必要な与える全力へのモチベーションになります。

      監督がどこでプレーさせようと、必要なら私はそこでプレーします。私には、当然好みのポジションがありません。私は、ディフェンスの前、更に前でのプレーが幸せです。

      新加入選手は、既に優れたていたチームを強化しました。私達は、今シーズン私達に挑む同じタイトルへのライバルを期待する事ができます。私達は、彼らが私達のペースを落とす為に激しくプッシュしてくるのを理解しています。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK