28.04.2016 19:00 - in: セリエA S

    スクデット勝利に関するリヒトシュタイナーの意見

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    シュテファン・リヒトシュタイナーは歴史的な5年連続セリエAタイトルに今シーズンの壮大な戦いを分析

    シュテファン・リヒトシュタイナーは2011年んいユベントスに加入し、これまでスクデットの成功しか知りません。しかし連続して5年連続リーグ・タイトルを獲得した今シーズンの歴史的な成績を軽く扱う気持ちはレフトバックにはありません。

    壮大な業績をじっくり検討することが出来た数日後、スイス・エキスプレスはこの期間、Skyとメディアとの今日の午後のインタビューの間、カップ戦の狙いと抱負だけでなくチームの素晴らしい逆襲を分析しました。

    ステージでのシーズン

    「10月の私達には成し遂げることができたかに関して2、3の疑いがあったことは明白です。それから、私達は周濠し状況についてお互いに正直に話しました。厳しいスタートの後、回復し続け、そこから、このグループの強さを認めるようになりました。

    私達が連勝していた場合でも、最終的に私達がミランとフィオレンティーナにアウェイで勝利しスクデットの危機に瀕していたということはありませんでした。
    その点によって、私達は可能性に関してはるかにより楽観的でしたし、あなたが想像してきた様に、明らかに達成でき非常に幸せです。」

    挑戦者

    「タイトル賞賛に値する挑戦者が常におり最初のミランそしてローマ、現在ナポリがいます。私達の成功は主に長年に渡るチームの中の自分自身と全体的なクオリティです。次のシーズンはインテルだけでなく彼らのうちの全3チームがトップ争いをすると思っています。」

    ヨーロッパでの野心

    「昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝進出とバイエルンとの今シーズンの戦い後、ヨーロッパで考慮するべき力があり、そして私は自分たちが戦いに勝つ準備ができていると思い示しました。当然ですが、最後に決心させる事で、試合の間に何かが起きてボールのコースが変わる事やあらゆる詳細に対する精密な注意を必要とします。」

    対決へうずうずしている

    「私達はユベントスです、そして決して自分たちの強さを減少させない事が自分たちの特徴です。防衛するコッパ・イタリアの戦いがあり、残りのリーグ戦3試合は名誉のためです。試合後の勝利を得た試合への考え方は正確に自分達の逆襲コースでの自分たちのアプローチでした、それが我々の方法です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK