13.08.2016 22:18 - in: 親善試合 S

      マンジュキッチとディバラ、エスパニョール戦で得点も引き分け

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マリオ・マンジュキッチとパウロ・ディバラ、ビアンコネリのビハインドから得点し、モデナでのエスパニョール戦2-2で引き分けた

      マリオ・マンジュキッチとパウロ・ディバラのゴールで2度ユベントスはビハインドから同点に持ち込み、土曜日夜、モデナのスタディオ・アルベルト・ブラーリアでのエスパニョール戦は2-2の引き分けとなった。

      ビアンコネリが多くを支配した前半であったが、36分に先制をしたのはレオ・バチストンがアンドレア・バルツァッリをボックス内でかわしゴールを奪ったエスパニョールでした。

      ハーフタイムで4人を変更し強化し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、テンポを上げ、後半開始9分後クワドォ・アサモアのクロスを良い時間、良い場所でマンジュキッチが得点を奪った。

      エスパニョールのビクトル・サンチェスが試合終盤で退場し、試合の流れはビアンコネリへ振れた様に見えたが、84分にエスパニョールはジェラルド・モレノの得点でユベントス・サポーターを沈黙させ再びリードを奪った。

      しかし、90分のにディバラが試合終了間際の得点を奪い、本当のスタイルでユベントスは、シーズン前最後から2番目のトレーニングを終えた。

      ミラレム・ピアニッチをセントラル・ミッドフィールダーにし3-5-2のフォーメーションでユベントスは強く試合を開始した。深く戦いエスパニョール、ディフェンスへ迫りました。重要な最初のプレーは8分のロベルト・ペレイラからでした。ペレイラはエリア端から勇ましいプレーでシュートも同名のロベルトから得点を奪うことはできなかった。

      エスパニョールは、2016/17シーズンの新監督、キケ・サンチェス・フローレス監督の指導の下、ユベントスのポゼッションという重い時間帯で落ち着きを維持し、プレーとは裏腹にバチストンが36分にバルツァッリをエリアで追い抜き得点を奪いました。

      後半ユベントスはより大きな攻撃でフィールドを戦います。そして、ディバラとイグアインとともに攻撃を展開するマンジュキッチが47分にヘディング・シュートをポストに直撃させ、この7分後アサモアのクロスからマンジュキッチが得点を奪った。

      エスパニョールは、サンチェスがディバラへのファウルで2枚目のイエローカードを受け退場、エスパニョールはリードを取り戻す希望へ厳しい打撃を受けた。試合終盤のステージで10人で戦うことに。

      この挫折は、エスパニョールを失意に持ち込むも、ネトはホセ・フラドのシュートをファインセーブもモレノが押し込みこれを防ぐことができなかった。

      しかし、最後の言葉はディバラに残されています。トレードマークの左足のシュートでゴール上角へ放ち得点を奪うとビアンコネリに完璧にふさわしい形を確保した。

      水曜日の夜にヴィラール・ペローサでのクラブの伝統的な親善試合をユベントスBと対戦しアッレグリ監督のチームは最後のプレシーズンを行います。
      土曜日夕方に2016/17シーズン、セリエA開幕戦をユベントス・スタジアムでフィオレンティーナと戦います。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK