19.01.2016 00:30 - in: イベント S

    ハッピーバースデー、クラウディオ!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスの王子は、今日30回目の誕生日を祝います

    私は7才からずっとユベントスに一部です。始め私はストライカーとしてプレーしましたが、ユース・チームでの親善試合の後、私は居場所オを中盤で見つけました。私は基本を父から学び、父は私がしっかりと両足で蹴る事を学ばなければならないと3才の私に言いました。私がフットボールに恋をしたのは彼のおかげですし、それは私にとって、疑う余地もなくこの世で最も大きなことです。チームスポーツはロッカールームで作り上げられる結束のように、特別な何かを持っています。そして、友人とチームメイトとゴールを喜び幸せである時、宇宙の中心にいるようにその瞬間で感じます。

    クラウディオ・マルキジオ

    この引用は当時19歳のクラウディオ・マルキジオが2005年4月号のHurra Juventus誌に有名なヴィアレッジオ・カップをユース・チームの同僚とリードし話したあなたが知る必要のある言葉です。

    ちょうど1年以上後、2006年8月19日の10時10分頃、マルキジオは、バリのスタディオ・サンニコラでベンチから出場し、少年時代に夢に見たクラブでの最初の出場を果たしました。

    ユベントス・ファンは、地元のヒーローの先発出場を観るためには丁度2,3ヶ月待たなければなりませんでした。パベル・ネドヴェド、ダビド・トレゼゲ、そしてアレッサンドロ・デルピエロに並んで出場し、ブレッシアに対し2-0で勝利した。
    実際、20才はゴール後にデルピエロに最初に抱きしめられました。

    最終的にアレッサンドロは支持を返します、2009年1月24日のビアンコネリでの最初のフィオレンティーナ戦でのゴールをマルキジオへアシストし、トリノ生まれの選手の夢の実現における最新のステップとなった。

    キャプテン章を着用する機会が後に続きました、そして運命はイル・プリンチピーノをヨーロッパでの戦いへ導き、(この場所へ彼の言葉では「ユベントスに属すること。」)62分のトレゼゲのゴールも3-1でヨーロッパ・リーグ、フラハムに敗退したが、レジェンドがレジェンドに交代した。

    この点から、ユーヴェのクラップブックをマルキジオは振り返らず、忘れられない思い出をページに刻んだ。100試合出場試合のウディネーゼ戦をゴールで飾り、2009年のインテル戦でも得点を挙げミラン戦とトリノ戦では素晴らしい2得点を奪い、Jミュージアムの傑出した300クラブ入りを果たしています。

    マルキジオ自身が現在、4リーグ・タイトル、3イタリア・スーパーカップと1コッパ・イタリアのトロフィーをキャビネットへ飾り、常により多くを求めています。「全てのクラブは、どの競争に集中するべきか決めなければならなく、目的を新しいシーズンに設定しなければなりません。私には、妥協がありません、全ての勝つ為に試合をします。」

    そして、彼がビアンコネロとして、40年周年目に入り喜んでユベントス・フットボール・クラブと関係する全員がクラウディオの30回目の誕生日も幸せを望み、更に創造され共に過ごす素晴らしい記憶の為に、彼に感謝します。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK