07.02.2016 18:45 - in: セリエA S

    マルキジオ「ナポリ戦勝利へ完全な準備を」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    クラウディオ・マルキジオは、リーグ首位ナポリとの次週末の対戦前にフロジノーネ戦に勝つ事の重要性を強調

    アウェイで良く組織されたチームに対し、試合終盤で重要な勝ち点3を追う事は、部分的にチームがうろたえる原因となる場合があった。しかしクラウディオ・マルキジオの言葉では、ビアンコネリはより強い物を持ち最終的に日曜日のスタディオ・マトゥーザでのフロジノーネ戦で相手を分析する能力に自信を持つことになった。

    「私達の強さが、遅かれ早かれ、ゴールを奪う事を知っていました。」と、マルキジオはSkyスタジオに話しました。「私達には前後半通してチャンスがありましたが、最も重要な事は、土曜日での対戦んでナポリとの差をキープしている事を確実とするために勝つという事でした。」

    ナポリが日曜日に1-0でカルピに辛勝したという事実は南ラツィオで勝ち点3を奪ったマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームにとっていっそう重要なことです。ユーヴェは週末にマウリツィオ・サッリ監督のリーグ首位を楽しませ、タイトル・ライバルの上へ出し抜こうとし、セリエAの順位表の首位争いで勝ち点2点差を楽しみます。

    ユベントス・スタジアムでの土曜日の対決をプレビューしマルキジオは話しました。「調子の良い2チームが試合に挑みます。ナポリは現在私達より上にいます、そして、私達はシーズン前半サン・パオロでの大接戦で負けていますから、負ける余裕が無い事は疑う余地が無く非常に決定的な戦いです。」

    偶然にも、マルキジオは自身のプロとしてのキャリアを10年前にフロジノーネ、ホームでのリーグ戦で始め、まもなく、次週末の敵に立ち向かうためのナポリへの旅が続きました。

    現在まで選手としての時間に付いてコメントし、30歳はビアンコネリ・ユースから新人としてプレーして以来いくつか不足している事を認めました。

    「私は、非常に優しく2006年のナポリとの試合を覚えています。私のキャリアを振り返る時、最も大変夢であるプロの選手になるという事を実現でき幸運です。

    少しでも足りない何かといえば、私はチャンピオンズ・リーグと言います。ファンのためでも自分にとっても重要なトロフィーです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK