23.11.2016 00:10 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      マルキジオ「ゴールが、解放した」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「ボールがネットを揺らすのを見て、セレブレーション出来たのは、長い怪我のあとの素晴らしい事です。」とマルキジオはコメント

      火曜夜にセビージャ戦でハーフタイムの笛前にPKを成功させ感じたことをクラウディオ・マルキジオは明らかにした。

      スペインでユベントスを同点に持ち込んだゴール、長い怪我のあとスコアシートへの素晴らしいマルキジオの復帰。

      「私は考えた全ては、低いシュートの可能性です、なぜならピッチはベストではなく、多くのぼこぼこがあり高く蹴り過ぎない事を恐れていました。」と試合後マルキジオは話しました。そしてそれがユーヴェのチャンピオンズ・リーグベスト16の資格を得る事になりました。

      「私は、ゴールができてラッキーです、なぜならゴールキーパーの手に当たって入ったからです。ボールがネットを揺らしたのを見て、セレブレーションでき少し解放しました。それは長い怪我のあとに素晴らしい事です。」

      マルキジオは、ノックアウト・ステージ進出を手にした力を持つビアンコネリのチームメイトのセビージャ戦でのパフォーマンスを賞賛しました。

      「確実に嬉しいです。重要な目的を達成しましたし、ここでのプレーが簡単ではないと理解していましあ。セビージャのファンは素晴らしく、3-1になっても応援を続けました。逆に私達のパフォーマンスはどれくらい良いかというと悪くはありませんでしたし、今夜以前セビージャに失点がなかったのは驚きではありません。喜んで助ける事はできないがなんとか3得点を奪いました。」と話しました。

      マルキジオは、ユベントスが動き始める事ができたのは開かれた試合あとだけだと説明し続けました。

      「後半、私達は多くボールをバックで持つ事が出来ましたし、プレーでスペースを多く見つけ2-1にする事ができました。相手をもう少し引き伸ばし3点目を加える事ができました。どのチームとプレーするかに関係なく、改善する事ができ、改善しなければいけないクオリティがあります。

      私達はビッグチームで最高のクオリティを詰め込みます。しかし3ヶ月のシーズン、選手がセリエA、カップ戦、代表戦と多くの試合を戦い少し疲れていると感じるのは予想できます。

      個人のレベルで、私が3日おきにプレーするのはタフです。まだ筋肉がそこにはありませんし、影響を及ぼす時なので、ちょっとした挑戦です。一生懸命動き続ける必要があると知っています。長い欠場でしたが、戦っている方法に満足です。」

      シーズン最初の目的を果たし、マルキジオは短期間の集中を保つ事をユーヴェに求めました。

      「未来を考える意味はありません、今に集中する必要があります。1-0のビハインドから始めました。逆転し方向を変え突破資格を得ました。

      チャンピオンズ・リーグでももう一試合を戦います、数回のミスが他のチームにあっても試合に関して余裕を持つ事はできません。セリエAに集中する必要があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK